H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 活発化する若者の性行動
目次: 低年齢化する初交年齢 年齢階層別初交相手との関係
小・中・高校生の性交経験 大学生の性行動
コンドーム使用について 不特定異性との性行動
未婚女性の性行動 未婚女性の避妊実行率
初交時の避妊の是非 若過ぎる性行動への提言

低年齢化する
初交年齢

 わが国においては無秩序極まりないほどの性情報の氾濫が指摘されています。しかも、それはたやすく若者たちに身近に手が届くところにあるほどに大いに気がもめるところです。

 その影響を受けてか、性の開け放された社会の中でテレクラに始まり援助交際などの言葉が流行語の一つに加えられて入るのが現状で、思春期の若者たちは、総てがそうであるような感覚におそわれ戸惑いもみせています。ここでは若者たちの性行動の実態について考えてみましょう。
 


「リプロヘルス問題」より再掲

 厚生省の「HIV感染症の疫学研究」平成12年3月に発表されました班報告の「日本人のHIV/STD関連知識、性行動、性意識についての全国調査」から初交年齢の年齢階層別分布を見ますと、左図の如くで、調査時18‐24歳のグループでの16‐19歳での経験が79.2%とあります。25‐34歳のグループでは51.6%です。55歳以上では10.7%とかなり低い値を示しています。

 性の経験はまさに16‐19歳という世代へと若年化しているといえます。各世代における性に対する意識は大きく変容しているように思われます。
年齢階層別初交相手との関係


「リプロヘルス問題」より再掲

 同じ報告書から、初交相手との関係を各年齢階層別に分析しております。男性の18‐24歳グループでは配偶者や婚約者であったのは1.4%で、恋人・友人関係が85.5%です。年齢が上昇するにつれ配偶者等関係が増え、55歳以上のグループでは36.5%となり、恋人・友人関係は27.3%、買春が23.1%となっており、その社会的背景が強く窺われます。

 一方、女性をみますと配偶者等関係が3.1%、恋人・友人関係87.8%と同世代男性とほぼ同じような割合です。年齢が上昇しますと配偶者等関係が増え55歳以上では82.9%という値になっています。

 性に対する考えが高年齢の男女間では明らかな違いがみられますが、若い世代には男女間での差は少なく、同等な性の時代へと移り変わってきているともいえるような状況のようですね。
小・中・高校生の
性交経験


 東京都幼稚園・小・中・高・心障性教育研究会が行なった1999年の調査結果によりますと、6年前に比べ性交経験者は男子・女子ともに各年代で上昇しております。特に、女子高校生での性交経験者の著しい上昇が明らかであり、男子よりも少し上回った値が示されています。
大学生の性行動


 落合ら(1997年)の報告する関東地域の「大学生の性行動調査」からみますと、性交経験者は男子で51%、女子で39%とあります。そして、パートナーの数について調べており、過去1年間の相手1人が男子で44%、そして複数の相手は41%となっています。一方。女子は、1人だけが71%で、複数は27%と少ないのです。女子が、特定の相手を求めているのに対し、男子は、ややもすると異なった行動をしているようにみうけられます。
コンドーム使用
について


 さらに、コンドームの使用の是非についても調べており、男女90%近くが使用し、その使用目的が避妊であり、エイズやSTDの予防と答えるのは20%を下回っています。コンドームを使用しなかった理由についてみますと、「性交の楽しみが減る」「面倒」と答えるのが男性に多く、一方、「手元に無かった」「STDの可能性がない」「妊娠の可能性がない」「感情が高ぶって」と答えるのが女性に多く、性差によるコンドームの捉え方の違いが明かといえます。
不特定異性との
性行動


 さらに、性感染症に罹る可能性の高い不特定異性との性交渉についても調べており、過去1年間に経験したのは、男子が26%、女性はその半数以下の12%とあリます。ここで特徴的なのが、女子は少ないながらも、1年間の平均人数が3.0人と男子の2.6人に比べ高いことなのです。しかも、彼女らのコンドームの使用率は、特定の相手よりも高く、避妊や性感染症予防を理由に挙げる割合も高くなっており、複数を相手とする女性は、避妊もさることながら、性感染症にも気を付けていることが指摘されています。

未婚女性の
性行動


 未婚女性の性交渉の経験率について、毎日新聞社が2000年に行った「第25回全国家族計画世論調査」から、10年前の調査と比較しますと14ポイントも上昇していることが示されています。しかも、5歳階級別についてみますと10歳代で16ポイントの上昇、10歳代後半では11ポイント、20歳代前半で14ポイント、20歳代後半で12ポイントと上昇しており、この調査からも若い世代での性行動の活発化が顕著に表れています。
未婚女性の
避妊実行率


 同様に毎日新聞社からの調査報告からのもので、避妊の実行状況を示したものです。10年前に比べ避妊実行率は17.8ポイントの上昇で、確かに避妊に対する意識は高くなってきていることが理解できます。
初交時の避妊の是非


 これは初交時の避妊の有無についてですが、避妊をしたというのが71.4%とかなり高い値を示しております。その目的は、あくまでも妊娠したくないための避妊なのであり、避妊をしなかったという理由については、27.1%が「妊娠しないと思った」と最も高く、次に続くのが「避妊具がなかった」、「避妊をいいだせなかった」とあります。この二つの理由を考えますと、セックスの営みの中において女性は望まない妊娠というリスクに曝されているともいえます。
 このように4つの報告書からみましても、確かに若者の性行動は活発化してきているといえましょう。

 今、活発化する若者たちの性行動を抑止することは困難といえるのではないでしょうか。性の営みには「生殖性」「連帯性」「快楽性」とがあります。女と男の好い関係を持つには、「衣の着ない対等の関係の中で始めて理解し合える」という考えもあります。でも、無防備な性行動の結果としての二つの悲劇、それは、エイズを含めた「性感染症」と望まない妊娠の帰結としての「人工妊娠中絶」があります。性感染症は、男性にも当然感染するのですが、女性のほうが、生物学的見地から見て感染しやすいことはいうまでもありません。そのうえ、男性は、排尿痛などで早く気が付くことが多く、女性は無症候で進展し、気が付くときは「急性腹症」や卵管癒着などの「不妊症」であって、二次的なことで発見されることが多いといわれております。特に、クラミジア感染などは、その先端を行っているといえましょう。また後者の、人工妊娠中絶は、自らの胎内に宿す新しい生命を摘むことに対し、男性には測りし得ない大きな禍根を残すことはいうまでもありません。

若過ぎる性行動
への提言



 これはある産婦人科の学術誌に掲載されていたものからの引用です(出典は改めて致します)。子宮頸部がんは現在でも増加しており、ヒトパピローマウィルス(HPV)感染もその一因として考えられ、性感染症の範疇にも取り上げられております。

 初交年齢が早く、しかも初経年齢から短ければ、そしてパートナーの数が多くなるにつれ子宮頸がんの罹患率は高くなるということを示したものです。このグラフをどのように捉えるかは別として、女性において早すぎるセックスは様々なリスクを伴なうことは事実のようです。

 リプロヘルスという観点から考えるなら女性の生涯をとおして自らの性を尊み、新たなる生命を宿しうる大切さと自らの健康を見詰ていけるようでありたいものです。

「人工妊娠中絶の問題」 「性感染症の問題」 「幼児虐待の問題」
HOME BACK:リプロの問題 NEXT(幼児虐待) UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.