H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 性感染症への恐怖
目次: 性感染症とは 性病罹患率の年次推移
エイズの動向 性感染症の新たなる報告
淋菌感染症の年齢別罹患率 クラミジア感染症の年齢別罹患率
東京都予防医学協会の報告では

性感染症とは…!
 性感染症とは、性行為によってもたらされる感染性疾患であり、梅毒、性器ヘルペス、コンジローム、そしてもっとも世界で恐れられているエイズがあります。

 特に、最近再流行の兆しがみられているともいわれております。淋菌による感染、これは、現在でも、男性の方に罹患患者が多くみられているようです。

 ここで、私たちが、最も注意しなければならないものに、クラミジア感染があります。若い女性のあいだで、驚くほどの静かな広がりをみせているのです。

 クラミジア、淋菌による感染は、男性は排尿痛などで気づくことが多いのですが、女性は無症候で進展することが多いので注意しなければなりません。


性病罹患率の
       年次推移


 明治30年(1897年)に制定された「伝染病予防法」、昭和23年(1948年)に制定された「性病予防法」や平成元年(1989年)「後天性免疫不全症候群予防に関する法律」が廃止され、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」として、新たに平成10年10月2日法律第114号として制定されました。

 性感染症は、新しい法律の「四類感染症」の中に組み込まれ、性病予防法にある梅毒、淋病、軟性下かん、そけいリンパ肉芽腫の他に、クラミジア感染、性器ヘルペスウイルス、尖形コンジロームなどが加わりました。

 今までの「性病予防法」での離間率の年次推移を人口10万人当りで上図に示します。
 1950年では、女性395名、男性351名と女性が多く、1997年は女性0.6名、男性3.9名と大きく減少しております。


 全国106施設の定点観測による最近10年間の主なる性感染症患者の推移をみますと、エイズ問題が日本で話題となり、ピルの認可が凍結されるとなった頃の1992年から1993年にかけてクラミジアや淋菌感染者は一時的に減少を示しましたが、再び上昇してきております。
 
 特に、クラミジア感染は、約半数以上の女性に無症候で進展していきますので、潜在的なものを含めて考えますとかなり蔓延していることが予測されます。

エイズの動向


 1993年から1997年と、日本人男性のHIV感染者が直線的に増加し続けていたのが、ようやく翳りを見せ始めたのか、1998年にはやや減少が見られています。

 HIVの感染効力が弱いといえども、クラミジアや淋菌に感染していると、容易にHIVを引き受けてしまいますので、十分な注意が必要です。

 セックスの影に、クラミジアありと言われるほど、セイフセックスに心がけることはいうまでもありません。

 HIV感染は、死に至る大変恐ろしい感染なのです。


 エイズを含めたHIV感染者の14年間の累計数値をみますと、男性が、圧倒的に多く85%を占めております。女性は、少ないのですが、クラミジア感染などを引き受けていると、容易にHIVまでをも引き受けかねないですから、注意しなければなりません。

その年齢分布についてみますと、男性は50歳代が最も多いのですが、累積の数値であり、どの年代においてもあまり変わりがないように見えます。

 女性は20歳代と若い年代に多いことに注目しておきましょう!


性感染症の
        新たなる報告


 これは厚生省性感染症センチナル・サーベイランス研究班が、纏め上げた1998年の報告です。

 全国7地方より1県づつ選び各県内の産婦人科、泌尿器科、皮膚科、性病科の総ての医療施設から、1998年の6月と11月に受診した全性感染症症例の調査報告を集計したものです。

 それをもとに、全国の疾患別、性別、年齢別に、年間の罹患率を10万人の人口に対して推定値を算出しております。

 これによりますと、全性感染症の罹患率は、男性よりも女性のほうが1.4倍も多く、10万人あたり553名と推定されております。

 

 

 淋菌感染症は女性に比べ、はるかに男性に多く、20歳後半が最も多いことが示されております。そして20歳前半、30歳前半と続いています。

 女性は10歳後半、20歳前半、そして20歳後半と若い女性に多いことに注目しなければなりません。


 クラミジア感染をみますと、男性よりも女性に多いことが理解できます。20歳前半では、10万人あたり971人という驚くべき数値が示されております。次いで10歳後半、20歳後半と続いております。

 この数値は、症状を訴えて受診した数より推計しておりますので、潜在する無症候の数を考えると、およそ、その3倍ともいわれております。

 クラミジア感染は、後々、卵管癒着などを起こし、不妊症につながることが多く、このように若い女性での感染では、早期発見、早期治療がとても大切なことになります。


東京都予防医学協会
         の報告では

 このグラフは、東京都予防医学協会の1992年から1998年までの間に検査されたクラミジア陽性者の数を示しております。

 総検査数52,698例に対し、陽性者は5,408例(10.3%)で、未婚女性が7割近くを占めております。そしてそのうちの約半数が20歳前半の女性なのです。

 そして検査検体の中からの陽性率を見ますと、右図のようになり、10歳後半の未婚女性が25%と4分の1となっております。

 なお、この値は、各医療施設でクラミジア検査が必要と認められた検体が、予防医学協会に依頼された結果であることをご了承ください。


 同様に東京都予防医学協会での淋菌検査の結果です。検査数は6,645検体で陽性者は266例で陽性率4.0%とあります。陽性率は全体として右図に示されてますように、未既婚女性とも大きな違いはないように思えますが、陽性者での未婚女性の占める割合が72.2%と極端に多く、しかも20歳代以下の女性に集中しているのです。

 クラミジア同様、若い女性にこれら性感染症が多いという事実から、私たちは何かを学ばなければならないと考えます。

 職業別にクラミジアと淋菌の陽性検出率をみたものです。クラミジアは全体で10%、淋菌は4%です。

 職業別でみますと、学生の陽性検出率が、クラミジアではホステスに次いでいます。また、淋菌も高い値を示しております。

 このような数値をみていますと、自分は絶対大丈夫と思っていても、意外とSTDは思わぬところから忍び寄ってくることがあります。

 STDはセックスによって感染するのです。感染予防にはコンドームは欠かすことはできません。でも、確実な避妊法と考えるには、コンドームは男性の絶対なる協力が必要となります。


「若者の性行動」 「人工妊娠中絶の問題」 「幼児虐待の問題」
HOME BACK:リプロの問題 NEXT:性行動 UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.