H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 リプロ・ヘルスの原点と私は考えています
「偲草」(しのびぐさ

 「偲草」は、昭和48年4月15日の智子死後の満中陰に発行致しました。
 
 智子は、昭和48年2月27日午後4時30分に2歳8ヶ月で病気のため幼い生命のともしびを消してしまいました。こよなく智子を可愛がり、愛してくれた義父、故藤原七兎は、若い私たち夫婦に沢山の智子にまつわる俳句を残してくれました。

 孫を思う祖父の思い、そして長女を幼くして失った20歳半ばだった父と母としての思い。辛く悲しくもありました。そこで生命の尊さ、その重さを痛いほど知らされました。

 子どもの命は、親おも、その親へも様々な影響を与えます。私は、娘の死をもって様々に色々なことを学んできました。
 それが、リプロ・ヘルス情報センターの原点なのだと考えております。

 ママの思いで
「偲草」の序
お姉さんになるという自覚をもって

智子はもうゐない ママとパパをけんかさせたのも 仲よくさせたのも智子ママの自慢の可愛い子だった智子 ゐなくなって本当に惜しい
でも今智子は神様の子にもどったのね
ママが手放して本当に借しいと思う様に
神様もお前を私達にあづけてから 惜しくなったのでしょうね
それで早く本当に早く 取返しに来たのね チャコの手相も言葉の発育も

「知君」に示してくれたやさしさも レコードの音楽を良く覚えてゐた事も
全てママの自慢の種だったの 
そんな智子を神様が天から見てゐて 惜しくなったのね
自分の手で自分の側において 育てたかったのねきっと!!
ママは今キリスト教会に行きたいな など思ってゐます
お前のゐる所に少しでも近づけそうで 
チャコの限りない未来を 無くしてごめんね

今ママ達はたった二人で チャコの思い出の一杯ある家で
寂しさに耐えてゐます
これがお前の未来を無くしてしまった ママ達の精一杯のつぐないです
二人でよく泣きますよ 寂しくって申訳なくて ごめんねチャコタン
ママは本当に惜しい そして寂しいです

やっと気の狂いそうなムードは うすれて来ましたが
本当に帰って来てほしい 惜しいと思う でも
神様に良く可愛がってもらうのよ 
そして神様が ママ達の所に帰っても良いと云ったら
今度は「知君」の妹に お兄ちゃんの許に 帰っておいで侍ってるからね

 
 智子の弟が12月20日に生まれて、2ヶ月と7日後に亡くなりました。
 チャコ(智子の愛称)の手相は、両手にきれいな枡掛線がありました。それがママの自慢でもありました。
 
 パパの思いで
芦屋にいる頃、まもなく1歳

智子よかったね ぢいちゃんが こんなに良い思い出を残してくれて 大事にしておくれね
 ウルトラマンの歌をよく唱ってゐた智子は ほんとうにウルトラの星へ
遊ぴに行ったのだろうか お嫁に行ってしまったの? ほんとうに!! 
 誰のところに パパの許しもなしに お星様を見ると お月様を見ると
いつも聞えてくるんだよ ウルトラマンの歌が

 朝 ギョロ目をむいてムクムクとふとんから這い出して
「パパお早よう」 テレビの前へ ちょこん ピンポンパン 
「パパお土産ね」

 駐車場の坂道をのぼると「パパ待ってしんどいよ」と息を切らせながら追っかけてくる智子 「パパくたびれた抱っこして」と足もとにまつわりつく智子 つッかけの好きな智子 小さな足で大きなつッかけをはいて パタパタいわせながら ついてくる智子
 「早くおいでよなにしてるの」 「かくれんぼしてるの」 「競争しようか」  「えん」 パタパタ パタパタ 「パパ早いでしょう」

 街灯のともる頃トンネルをくぐってお家へ帰ると 
「パパ お帰り お土産は」でも この声は もうないんだね キャラメルも もう買わなくて良いんだものね

「お風呂に入ろうか」 「うん」 湯槽に入って「嵐とともにやってくる…」
ライダーの歌 「パパ ちがうでしょ パパは黙ってゐるの」としゃあしゃあと唱う智子 ライダー V3の歌 もう教えてくれないのだね

私は、49日の間、毎日、毎晩、南無妙法蓮華経と智子の前でお経をあげました。お坊さんもずいぶんとうまくなったねとほめてくれました。
宴会の席では、必ずといって仮面ライダーの歌を歌っていました。それが、パパの唯一、自慢の歌だったのです。
おじいちゃんの思いで「偲び」

さと智子亡くなりました  キリンも象もよかったけど
滑り台が一番よかった  ながいながい滑り台
来てよかったネウン  智子のうち赤ちやん来るの知ってるかい
ウン

 哀しあね弟生れて松の月

公園の滑り台鎖梯子から  登れるようになった
「おぢいちゃんも」必ずそう云う  まんまんちゃんへ行こうか
ウン
二つある小さな祠
まんまんさまに智子はいろいろ約束する ご飯たべますおシッコ云います
祠への岨のような径いつも先に駈けだすのに

咳をして 息づいてゐる  しんどいかい  ウウン
お手手が先 お手手が先  足が先だと上れない 解ったかい
もうやめるのかい
お前 ぢいちゃん 一寸留守したら  ジヤングルジム下手になったなァ
これから毎日来よう
舞子公園にて
アノ子何処か悪いんぢやない  一寸風邪気らしいけど
一度診てもらうといいネ  この前までぢいちゃんだったのに
おぢいちゃんと云う 教えたのかい イイエ テレビでせう 樫の木モック
モックは炎えて人間に甦ったけど

おぢいちゃんもう帰るの?  明日帰る今夜泊るよ  
千葉 面白かったかい
元気になって ご飯うんと喰って  又動物園へ行こう
お城の白鳥も見にゆこう  ウン

「東京駅であまり弱ってゐるので  私が抱いてやりました」
後でおばさんが云いました  お医者さんはもう大丈夫だ
峠はこしたと云われたのに  タッタ二日 何故私は帰ったのだろう

モシモシ モシモシ  智子亡くなりました
二十七日大ばあちゃんと同じ日に

 小さき白布美しき灰に線香たゝす

寫眞のおばあちゃんとこへ行くんだよ  ママは智子の弱りが可哀そうで
おばあちゃんが迎えに来たと云う  夢の中で おばあちゃん
智子 まだ来ない云ったけど  智子どこへ行ったんだろう
淋しくなったら おぢいちゃん  呼びに来るんだぞ

内裏さまの首が小さい  炭の玉になってゐた  
うすい綿のような灰の中で  乏しい骨 何と云う……
赤と黄 二つの金欄の袋に頒けて  一つは四国の今治へ お盆に
もう一つは私が連れてゆく  私と一諸に

えらい人の所へ早いけど  お嫁入させました
一寸逢えないのが残念です  赫夜姫は月へ昇ってゆきましたけど
おぢいさんもおばあさんも  どんなに嘆いたことでせう

川べりの白いてすり  あぶないよ智子  智子はすぐかくれる
小松の下に蓬は萌え  小松の向うで智子のえがほが 
声をたてて笑う  見えないけれど  私の奥に
ホントの智子がゐます

快速 新快速 青い電車  電車 どこえゆくの  明石へゆくよ
白鳥が羽ばたいたとき  智子はぴっくりした
帰ってママに羽ばたきの眞似をして見せたネ
それからもういつ行っても  白鳥は羽ばたかなかった
駅に灯が灯るともう  海岸に人は少なかった
犬の怖い智子は おせんべいをやって  白犬と仲よしになったけど
歩道橋をのぼるともう犬はついて来なかった
日が暮れると波の音が高まり  いつもお前の手をひいて歩かせた
アノ平行台の上を いま  ぢいちゃん歩いてゐるんだよ
暗くなって海の音だけひゞいてゐる

 ぬくさに萎えサヤちやんの供花も一と七日

 
サヤちゃんは、となりの同い年の女の子です
  昭和50年8月6日に次女が生まれ、まさに、智子がよみがえってくれたのです。次女は、智子の思いを受け助産婦となり、赤ちゃん誕生の幸せに携わっております。
智子は「妙法速得妙智童女位」と
むつかしい位牌になってゐるけれど 
私にとっては唯の智子でいつまでも 智子を憶い出して いつまでも拙い俳句を作るだろう
いつまでも
 
 彼岸 三月二十一日 七兎

女児を期待して
 花の盛り嬰を智子と胸にとめ
誕生日
 鯛を両手にしやぶり一才の意志はじまる

四月我泉北に住み智子舞子に移る六月再び誕生日
 海に興なし舟虫逐いて二才に充つ

智子なきあと
 妻よりも悲し初孫の逝く旅路

 松葉の池埋まり松葉は智子の椅子

 経文の智の字にさとく彼岸のママ

HOME 情報センター リンク UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.