H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 連載物語
   「生命の神秘」
第一章:精子の闘い
第二章:オーガスムの謎
目次: 第三章:性の決定における自然淘汰から学ぶもの
はじめに
なぜ、メスとオスが…!
性の決定
なぜ、
 卵子は細胞質を持ち大きな配偶子なの?
なぜ、精子は数多く作られるの?
生殖(リプロダクション)は、種を残すこと…!
女性も、男性も同じホルモンが、
   生殖にかかわっているの?

女性の中で行われている自然淘汰    

 
はじめに
銀河系の中で地球が誕生したのは今から40数億年前です。そして、マグマがうごめいていた地球上に生命体がうまれ始めたのが35億年前だといわれております。最初の生命体の生殖行動はモノセクシャリーでした。ただ単に細胞分裂を繰り返して増殖をしていたのです。でも只,単に増殖を繰り返す生命体の存続には限界が見られ始めていたのです。

 今日の現代社会が築き上げようとしているクロンー生き物と同じように短命だったのです。

なぜ、メスとオスが!
同じ生命体が細胞を分裂させ増殖しても、誕生したての宇宙の中の地球という中でマグマの変化が未だ激しい環境では、モノセックスの生命体の存続は対応しきれない環境にありました。ウィルスや細菌などの病原菌に蝕まれやすく、環境の変化にも持ちこたえることが出来なかったり、絶滅の危機にも追いやられたりもしました。そこには、幾多の生命体が絶滅の現実にあっていました。生き抜くためのひとつの知恵として、染色体の中の一つに突然変異が起きたのです。
対を成している染色体の片方が大きく削られ小さくなったのです。

性の決定
そこに生まれた新しい配偶子、性を決定する配偶子としてXの代わりにY染色体が生まれたのです。XとY、二つの性を持つ有性生殖の生命体の誕生なのです。それは今から15億年前のことでした。


その性の決定は、Y染色体の短腕上にあるSRY (性決定遺伝子:Sex-determining Region of Chromosome Y) によって性が決められるのです。このSRYをXXというメスの受精卵に注入してもオスとしての性分化が始まるのです。SRYという遺伝子を持つオスは、胎生7週になるとウォルフ管が発達し未分化生殖腺が精巣となり、アンドロゲンシャワーが脳内を駆け巡るのです。精管、精嚢腺や前立腺が作られ、陰茎と変化していくのです。ここで不思議なことに脳内にある芳香化酵素によりアンドロゲンを女性ホルモンであるエストロゲンに代えてオスとしての脳の性分化が誘導されるといわれています。
 逆に、SRYがないとウォルフ管には至らずにミューラー管が発達し、卵巣が作られ、同時に子宮や腟が発達していくのです。1週遅れてメスとしての性分化が始まります。卵巣から分泌されるエストロゲンは脳内には取り込まれていかないのです。脳がエストロゲンに暴露されないため女性性の脳が培われるという不思議な現象がみられるのです。
 
 
今ひとつ、不思議な生命の神秘として流線型のヘッド(頭)を持つY精子は、X精子に比べ動きが早く卵子をゲットする確率が高いのです。X精子に比べ1.6倍といわれています。でも、生れるときには、男女比が1対1.05とほぼ同等となります。そして、年齢が増すことにより、男性の割合が少なくなっていきます。平均寿命でも分かりますように男性の方が、どちらかというと短命なのです。それは、性染色体がXYとヘテロの関係にあるからではないかともいわれています。
なぜ、卵子は細胞質を持ち大きな配偶子なの?
二つの異なる配偶子は同じ大きさをしていました。ところが進化の過程で、その大きさが異なってきました。二つの配偶子が結び合った後、新しい生命体が育っていくために栄養を蓄えるように大きくなってきたのです。それにあわせ動きを失うようになり待ち受ける性となったのです。一方、小さいほうの配偶子は追い求める性として運動性を持つようになり、益々小型化して必要最小限の遺伝子の塊だけになってきたのです。これが卵子と精子の始まりなのです。
卵子は100μmに対し精子は僅か5μmほどでしかありません。しかも、ひとつの卵子に対して、数億の精子を競わせて新たなる生命体を作るという生殖行動を取らせる働きがあるのです。
 
なぜ、精子は数多く作られるの!
卵子は胎生期20週頃の卵巣中には700万個の卵祖細胞が作られておりもっとも多い時期といわれています。しかし、生まれたときには両側卵巣中には200万個と激減しまっているのです。しかもうまれてから新しく卵子を作り出すことはできません。排卵が起こり始める思春期頃には40万個にまで減少しているという、卵の自然淘汰が営まれているのです。卵の成熟は出生前後で第一減数分裂前期のところで止まって排卵時まで長い冬眠期に入っているのです。排卵というひとつの引き金現象が今まで長い間眠っていた卵が眼を覚まして卵の最終成熟分裂が始まり、精子を受け入れる(受精)準備を再開するのです。精子が卵子細胞膜に接触した時点で減数分裂が完了し23,Xとなり雌雄前核融合が始まるといわれています。
一方、精子は精巣の中の精細管で作られるのですが、思春期頃よりホルモンの働きが活発になり精子形成能がみられ始めます。精粗細胞から第一次精母細胞へと有糸分裂を繰り返して少しずつ成熟していきます。そして2n体から半数のn体と減数分裂を起こして第二次精母細胞となり、この時点でX精子とY精子へと2分されるのです。このときにはテストステロンという男性ホルモンが重要な鍵を担っております。さらに成長を続けて精子細胞、精子と形成されるのです。この精子形成系には精巣の中にある精細管内のセルトリ細胞が大切な働きを示しております。1つの精粗細胞から精子形成にはおよそ74日かけて64個の精子が作られるといわれております。


生殖(リプロダクション)は、種を残すこと…!
子孫繁栄という生殖には、女性が大きな役割を演じています。精子を自らの生殖器内へ受け入れ、卵子とめぐり合わせ(受精)、子宮の中で、新しい生命を育み、そして、出産、新しい生命体の誕生を迎えるのです。
赤ちゃんを娩出するときに分泌される子宮収縮ホルモンであるオキシトシンは、母になるという母性本能を強めるホルモンであり、母と子の絆のホルモンともいわれております。だから、分娩時のあの痛みにも耐えることができるのです。また、赤ちゃんを育てる母乳を促す際に分泌される催乳ホルモンであるプロラクチンも母と子の絆を強めるのにとても大切なホルモンといわれています。
一方、男性は精巣の中の精細管で精子を作り続け、精子を女性の生殖器内へ運び込むだけの役割にしかすぎません。

女性も、男性も同じホルモンが、生殖にかかわっているのです。
女性において排卵ということを導くには脳下垂体から卵巣の中にある卵胞を育て成熟させるために卵胞刺激ホルモン(FSH)が必要です。この刺激を受けて卵胞中にある顆粒膜細胞が増えていき発育していきます。この顆粒膜細胞からエストロゲンというホルモンが分泌され子宮内膜を増殖させます。そして成熟した卵胞からエストロゲンの分泌も最大となり、脳下垂体に十分に発育したことを知らせます。それに呼応して黄体化ホルモン(LH)が大量に分泌をして排卵という現象が起こるのです。
また、このLHというホルモンは発育している卵胞の周りを取り囲んでいる莢膜細胞に働きかけて体内にある脂肪組織であるコレステロールからテストステロンを作り出します。そのテストステロンを卵胞内にある顆粒膜細胞がFSHの助けを借りて芳香化酵素の働きでエストロゲンに変えて子宮内膜を増殖させるのです。排卵をさせるためには、脳下垂体からのFSHとLHという二つのホルモンが大切なのです。
男性ではFSHは精細管の中にあるセルトリ細胞の働きを促し精子形成系に大きく関与し、LHは精細管と精細管の間質にあるライデッヒ細胞に働きかけ男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促します。男らしさを作るホルモンでもありますが、第一次精母細胞から第二次精母細胞への減数分裂にも大きく関わっているのです。
女性の中で行われている自然淘汰
女性の胎内で行われている自然淘汰のことも考えておかなければならないでしょう。卵子は生まれたときに既に両側の卵巣に200万個の卵子を持っています。生まれてから女性は新たに卵子を作ることはありません。排卵の起きる思春期の頃には4-50万個に退行変性を起して減ってしまっているのです。40歳の頃には数千個と激減しているのです。それは卵子そのものの自然淘汰が起きているのです。

また、大型の配偶子の卵子には染色体異常を持つ卵が排卵することもあります。その割合は約25%といわれています。核だけを持つ精子の染色体異常は約10%、受精過程で起きる染色体異常は約8%、この受精時まででの自然淘汰は40-43%となり、受精卵が胚となり分割していく過程での異常が約25%、妊娠初期の染色体異常による流産が約10%といわれ、自然の営みにおいても、分娩・出産に至るのは20数%といわれているのです。
さらに、母胎年齢から流産率をみますと30歳前半で15%ほど、30歳後半では17-18%、40歳代に入りますと25-30%という報告があります。そこには強く逞しい種を残すという女性の身体の中で起きている自然淘汰なのです。

<続く>
参考文献

Plachot M, Veiga A, Montagut J, et al : Are clinical and biological IVF parameterscorrelated with chromosomal disorders in early life : a multicentric study. Hum Reprod 1988 ; 3 : 627-635

大濱紘三 : 妊娠早期流産に関する新しい考え方. 日医医報 1992 ; No.505 : 10-11
HOME BACK UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.