著 者:北村 邦夫

 (社)日本家族計画協会クリニック所長

 発行所: 株式会社 集英社 

 東京都千代田区一ツ橋2-5-10
  電話:03-3230-6393

 発行者: 谷山 尚義

 定価:680円(消費税別)

  

本書の主な内容

第1章:ピルはどう受け入れられているか

ピル承認
なぜ、34万件を超える中絶が繰り返されているのか
不確実な避妊法
緊急避妊法からピル服用へ
ピルは、几帳面さが要求される
カミングアウトできないピル・ユーザー
男性の避妊参加の現状
ピル服用を健康管理の機会に
「GATHER」をキーワードに避妊指導

第2章:なぜピルで避妊できるのか

ピルとは?
排卵、妊娠、月経とは?
排卵・月経と各種ホルモン
ピルの避妊効果、その主な作用
ピルの多様な作用が避妊効果を高める
一相性ピルと段階型ピル
ピルにはどのような副作用があるのか
深刻な副作用とは
ピルと血栓症
ピルの「副効用」

第3章:ピル誕生の歴史
  
 1.初めてのピルが発売されるまで
   古代の避妊法
   ピル以前
   マーカーと「プロゲストーゲン」
   家族計画の母、マーガレット・サンガー女史
   産児制限相談所をオープン
   ピルの父、ピンカス博士との出会い
   産婦人科医ロックの協力
   日本において、最初に研究結果を発表
   プエルト・リコで大規模な臨床試験を行う
   米国食品医薬品局が高用量ピルを承認
   「エストロゲン」の低用量化を勧告
   新しい「プロゲストーゲン」の開発に成功
   二相性、三相性ピルが登場
2.日本のピルの二重構造
   とまどう日本の専門家たち
   治療薬として発売された『エナビット』
   有効性や副作用に対する調査が始まる
   首相夫人の発言が原因?審議が突然中断される
   田中角栄首相は避妊に用いることを認めた
   ピルの二重構造が続く結果に

第4章:早期承認に向けた私の戦い
  
1.リプロダクテイプ・ヘルス/ライツとの出会い
   エイズ蔓延を理由にピル承認が再び凍結
   避妊は女性が主体的でなければならない
   女性が自由を得る道「エンパワーメント」
   リプロダクティブ・へルス/ライツの定義
   海外のフェミニストとの出会い
   日本の支援金ではピルを買えない
2.ピル承認への度重なる障害
   カイロ会議報告会に飛び込む
   北京で発言。その反応
   第三世代のピルと血栓症
   菅厚生大臣がピル鎖国を終焉?
   「ピル承認、国民の声を聞く」の矛盾
   新たな課題。ピルは環境ホルモン?
3.バイアグラとピル
   颯爽と登場した「バイアグラ」
   「バイアグラ」のスピード承認、五つの疑問
   男性優位社会の象徴
   「バイアグラ」がピル承認をあと押し?

第5章:ピルについてのさまざまな疑問
  
   元厚生大臣、小泉純一郎氏とピル
   小泉氏への反論の手紙
   ピルの副作用問題は解決したのか
   ピル承認によって性のモラルが乱れ、エイズが蔓延するのか
   承認の遅れは中絶減少を嫌う産婦人科のせいか
   ピル承認によって、出生率の低下に拍車がかかるか
   ピル処方を年齢で制限するべきか
   女性だけが避妊の負担を負うことになるのか

第6章…ピルの将来展望

   様子見の時期
   メディアからピル情報がどのように提供されていくか
   ピル服用に伴う経費が軽減されるか
   ピル服用に伴う検査が軽減されるか
   ピルを入手しやすい医療体制を作れるか
   日本人の中絶観がどう変わるか
   産婦人科医に「中絶から避妊へ」という意識改革ができるか
   コンドーム避妊へのこだわりを捨てられるか
   避妊研究に対する関心の高まりが起こるのか
   私たちのクリニックでは
 
おわりに

 

情報センターのページにに戻る
関連の本紹介に戻る

ホームページに戻るホームページに戻る