ピルの正しい理解を深めて  


 監 修:久保 春海

 東邦大学医学部 第1産婦人科学教授

 著 者:菅 睦 雄

 リプロ・ヘルス情報センター

 発行所: 株式会社 保健同人社 

 東京都千代田区富士見2-12-2
  電話:03-3234-6111

 発行者: 大渡  肇

 定価:1,200円(消費税別)

  

本書の主な内容

第1章:からだのしくみとピルの作用を知る

  生殖をつかさどるホルモンの秘密
  避妊の歴史は人類の歩みとともにある
  ピルの副作用と服用をやめたあとの妊娠
  ピルの服用にはこんなメリットもある

第2章:どうしたら安全・確実に避妊できるか

  ピルの種類と上手な使い方
  気になる症状や飲み忘れたときの対処法
  これからも進化する避妊法
  ピルの普及に対する誤解

第3章:素朴な疑問に答えるピルQ&A
  
  ピルの入手方法
  ピルの服用方法
  ピルの避妊効果
  パートナーとの関係
 

質問:ピルの服用をパートナーに黙っていても問題ないのですか?

回答:ピルがパートナーの身体に悪い影響を及ぼすことなど全くありませんし、なんの問題もありません。でもピルは避妊の目的で飲むものです。避妊をすることは性の営みの中でお互いの理解の中で行われることが大切なことではないでしょうか。

質問:ピルが認可されると男性が避妊について無責任にならないのでしょうか?

回答: ピルを手にするようになると「男性がますます避妊について無責任になる?」ということは、少し考え過ぎではないでしょうか。性の営みは対等なものでなければなりません。自らの意志で確実に避妊ができることは、今までとは違って、相手にはっきりと避妊のことも言えるでしょう、もしそこで、避妊に無責任な態度を取るようだと、あなたに関する他のことについても無責任になりがちだということを忘れないでください。確実な避妊が女性の手に自ら委ねられるのなら、むしろ強い立場になれるのです。

ピルの正しい理解を深めて…

はじめに

 ピルは、アメリカで1960年に初めて認可され、より安全性を求めて研究がすすめられてきた結果、新しい低用量ピルへと進化し、今日では、9千万人以上の女性が、ピルで避妊をしています。わが国、日本においてもようやく経口避妊薬( Oral Contraceptive; 略してOC、通称ピル )が認可される時が訪れてきました。ながい、永い「ピル鎖国時代」の終焉を迎えたのです。「低用量ピル」が認可され使われるようになるとどのような変化が起きるのでしょうか?

 それを予測するには、諸外国の実例を参考にすることができます。フランスでは、現在避妊実行中の妊娠可能女性69%のうちピルによる避妊は36%とあります。次いで多いのがIUD(子宮内避妊具)で16%となっており、コンドームはわずか5%なのです。このことは避妊をしている女性のうち4人に3人は女性主導型の確実な方法を取っていることです。アメリカでは64%が避妊実行中で、そのうちピルが27%、次いでコンドーム20%とあり、女性と男性がほぼ同じくらいの割合で避妊を分担しているともいえます。一方、わが国における毎日新聞社の「第24回全国家族計画世論調査」では、既婚女性における避妊実行中が54%で、コンドームは78%、オギノ式と基礎体温法を含めた定期禁欲法が17%、そしてピルはわずか1%にすぎません。言換えるなら、避妊は男性がするものという考えなのでしょう。これら3カ国間で調査方法が異なっているため正確な比較はできないのかもしてませんが、ここに避妊の実態としての大きな違いがあります。どうしてこのような違いがみられるのでしょうか?フランスやアメリカのように変化して行くことも考えられます。

 今までは女性自らが主体となって行う避妊法がなかったともいえます。ピルについても、認可すると「性のモラルが乱れる」とか、「安全性に未だ問題がある」、「少子化傾向に拍車をかける」、「コンドームの使用が減り、エイズ蔓延に拍車をかける恐れがある」、また最近では「ピルを服用する女性の尿から排泄される人工エストロゲンによる環境汚染のリスク」などの理由で認可されなかったのです。それでも、やむなく自ら確実に避妊をしたいとホルモン量の多い治療用のホルモン配合剤をピルとして代用していた事実もあります。しかも70年代後半は、これを服用する女性が100万人とも推定されていたのが、今日では20~30万人と大きく減少してきているのです。当然ともいえますね。世界では安全性の高い避妊法としてピルは改良され、新しい低用量ピルへと移り変わってきているのに、日本では前述した理由などで認可されずに、60年代後半に世界でピルとして使用されていたのが今でもピルとしてまかり通っていたからです。

 今までは、「妊娠する、しない」、「産む、産まない」は男性の手に委ねられていたともいえるでしょう。ピルが認可されなかった理由を考えても、そこには女性が介入できなかったことも指摘されます。エイズの問題をみても、女性がHIVの媒介者のように捉えられています。そして一方では、多くの女性が考える「ピルの副作用神話」があります。

 これから日本でも使える「新しい低用量ピル」について、本書をとおして考えてみましょう。ピルを使う使わないはあなた自身が考えるもの。ピルの正しい知識のもとに「妊娠する、しない」を決めるのは女性なのです。また、ピルといえどもホルモン剤でできた薬です。医師の処方なしでは手にすることはできません。多様化する今日の社会において女性の役割は大きなものとなってきています。そんな中で女性特有の疾患も、これからは見逃すことはできません。ピルをとおして産婦人科の医師や看護職、助産婦職につく女性と親しくなり、女性の健康管理を考えることも大切です。本書がそのようなきっかけを作れるものと期待しています。

以上

情報センターのページにに戻る
関連の本紹介に戻る

ホームページに戻るホームページに戻る