H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
  女性の性と健康科より

第45回日本母性衛生学会総会
学術集会において発表したものです。(2004年9月17日:東京)

 低用量ピルが発売された1999年9月より「リプロ・ヘルス情報センター」のサイトを立ち上げ、掲示板や直接メールで低用量ピルのことや避妊のことについての相談が寄せられるようになってきました。

 さらに2001年4月インターネット医科大学の「女性の性と健康科」の相談窓口を開設して女性の健康相談に応じてきております。

 その相談内容から知りえたことは、女性は性の健康に関して多くの悩みを種々抱いており、実際の婦人科的診察の受療行動に躊躇していることが窺われました。

 いいかえるならば、産婦人科の敷居が高く思ってていて、どうしたらよいのかと独りで思い悩み続けているようなことが多く見受けられているのです。
 
  そこでネット上の相談内容と回答メールでの応答を解析して。どのようなことで悩んでいるのかという、その実情を明らかにすることを目的として集計し検討してみました。

 今回の解析に用いました相談メールは、平成15年5月より平成16年7月までの1年2ヶ月間に「リプロ・ヘルス情報センター」と「インターネット医科大学」の両サイトを通して寄せられてきました「女性の性と健康」に関します相談事例450件を対象にし、月経などに関連する事例、性感染症(STD)・セックス関連事例、妊娠関連事例、不妊関連事例、更年期およびその他関連事例の5つのカテゴリーに分けて解析し検討を加えてみました。

  相談内容に対する回答のコンセプトとしましては、当センターに送られてきました相談はメールを通してのものであり、一般的な情報を分かりやすく解説し、実際に医療施設を訪れて診察を受けることの重要性を訴えることに努めております。

 相談者に対しまして回答文を送り、その返事を受けた内容までを今回の解析の対象と致しました。

 相談内容によっては、こちらからの返信のみで終わるものもあれば、再度、質問を重ねてくる事例もあり、7回も交信を繰り返した事例もありました。

 調査対象として解析したのは全相談件数450件で、女性からの相談は425件94.4%で平均年齢は31.4±6.4歳、17歳から60歳と幅広いものでした。

 男性からは25件とわずか5.6%にしかすぎませんでした。その平均年齢は34.0±8.7歳で19歳から48歳でした。

 これを年代別に分けてみますと30歳前半が34.0%、20歳後半が28.7%、30歳後半が14.9%と性成熟期女性が中心となっていることが明らかとなりました。

 相談内容を5つのカテゴリー別に分けてみますと生理不順、生理痛などの月経に関連した相談内容を「月経異常関連」群としてみますと158件で35.1%を占めていました。その群の平均年齢は31.4±7.0歳でした。

 性感染症やセックスの悩み、性交痛などといった「STD・性関連」群としてみますと157件で34.9%となっており、平均年齢は31.1±6.5歳でした。

  「妊娠関連」群58件12.9%、「不妊症関連」群46件10.2%、「更年期関連」と「その他」群31件6.9%でした。

 「月経異常関連」群の内訳をみますと「月経異常」が41.1%、「乳房異常」23.4%、「子宮異常」15.2%、「不正出血」11.4%、「下腹部異常」8.9%でした。

また、「STD・性関連」では、「STD」37.6%、「セックスの悩み」19.1%、「帯下」13.4%、陰部・腟に関連した悩み9.6%と続いておりました。

 更にその詳細についてみますと、「月経異常関連」の月経異常では月経不順に関するもの20.0%、月経痛10.8%等で、乳房異常では乳汁分泌に関するもの13.5%、乳房のしこり10.8%等でした。

 子宮異常では内膜症75.0%、筋腫20.8%等で、不正出血は総て不正出血であり、下腹部異常では下腹部痛35.7%などでした。

 「STD・性関連」のSTDではカンジダ感染22.0%、クラミジア16.9%などでした。

 セックスの悩みでは性交時出血23.3%、オーガスムが得られないなど10.0%が含まれていました。

 帯下の悩みではカンジダによるもの9.5%、性交痛9.5%、臭い9.5%などが含まれていました。
 
 陰部・腟の悩みでは陰部掻痒が13.3%、性交痛では下腹部痛21.4%、感染の悩みではカンジダ36.4%、風疹27.3%、がん検診では細胞診異常が42.9%、円錐切除に関するものが8.6%でした。 


 次に「妊娠関連」群では妊娠に関するもの48.3%、妊娠とピルに関するもの19.0%、流産関係15.5%、産後の悩み6.9%、妊娠と避妊6.9%、中絶3.4%でした。

 「不妊関連」群ではクロミッドの服用方法や基礎体温のみかた、二人目不妊、子どもが欲しいがセックスレスになってしまっているなど多岐にわたるものでした。

 「更年期関連・その他」群では更年期関連58.1%、精神神経系12.9%、尿失禁などの泌尿器系6.5%、その他22.6%でした。
 
 これら事例に対し、基本的事項として月経の仕組みや各種ホルモンの作用等といった一般的に知られている解説を分かりやすく加え、ならびに診察を受けることの大切さを訴える内容での回答をメールとして返信致しました。そしてこちらからの回答メールに反応のあったものは、全件数に対し221件49.1%でした。

 その内容をみますと「受診する、した」というものが返信のあったうちの63.3%であり、「理解し納得・安心した」というものが65.2%でした。
 
 5つのカテゴリー別にみますと、反応のあったものでは「更年期関連・その他」群51.6%と最も多く、次いで「月経異常関連」群51.3%であり、うち受診するが72.8%と他のカテゴリーの中で最も高い値でした。

 この群におきましては、子宮筋腫の可能性やホルモンバランスの乱れで放置しておくことへのリスクを訴えることが多かったためと考えています。

 「STD・性関連」群は49.7%で、納得・安心したが70.5%と高い値を示し、受診する・したは65.4%でした。
「妊娠関連」群44.8%、納得安心した61.3%、受診する・したも同様61.3%でした。

「不妊症関連」群43.5%で、受診する・したは60%、納得・安心したは50%でした。

 平成15年5月より平成16年7月までにサイト上で相談を受けた450件の相談内容を集計解析致しました。

 その結果、「月経異常関連」では、月経不順や月経痛などの月経異常が41.1%、乳汁分泌などの乳房関連が23.4%でした。

 「STD・性関連」ではカンジダ、クラミジアなどのSTDが37.6%、性交時出血などのセックス関連19.1%でした。

 「妊娠関連」では出血などの妊娠時の悩みが48.3%、周期変更などピル関連が19.0%でした。

 「不妊関連」では、その内容が多岐にわたっていました。「更年期関連およびその他」では更年期関連が58.1%でした。

 これら相談の回答メールに対し応答があったものは全件数の49.1%で、そのうち受診動機に繋がったものが63.3%、納得・安心したものが65.2%でした。

 以上のことから、このような相談窓口は、正しい情報を提供していくとともに受診動機を高める上で有用であると思われました。
第48回日本母性衛生学会「わが国における女性の性行動と性意識について」
HOME インターネット医科大学 「女性の性と健康科」 UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.