H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 妊娠の仕組み
目次: 月経はどうして起きるの 自然周期のホルモンパターン
子宮頸管の謎 妊娠の仕組み
妊娠のためのポイント 基礎体温測定の意義
男性の役割 精子の作られる仕組み
正常精液所見

月経はどうして起きるの

子宮は赤ちゃんのために

寝床の準備を始めます。

子宮内膜は肥厚するのです。
柔らかなふかふかの
布団にするのです。

赤ちゃんが床につかなければ
布団は片付けられます。

それが月経です。

 月経とは、次の妊娠に備えての準備が始まる証なのです。脳の中央にある間脳(視床下部)から性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が分泌され、下垂体を刺激します。その刺激を受け、下垂体から卵胞刺激ホルモン(FSH)を分泌し、卵巣を刺激します。そのため卵巣の中の卵胞が発育していきます。発育する卵胞からエストロゲンというステロイドホルモンが、その発育とともに分泌上昇していきます。これは、子宮に働きかけ、子宮の内膜を増殖させるのです。その目的は受精卵が来てもよいようにと、いわば赤ちゃんの寝床をひくようなものと考えてください。

 卵胞が十分に発育するとエストロゲン分泌量もある閾値に達し、それが間脳に働きかけ、排卵を促すための黄体化ホルモン(LH)の大量放出を行います。これをLHサージといいます。その結果、排卵が起きるのです。


自然周期の
ホルモン分泌パターン




下垂体からの性腺刺激ホルモン
FSH/LH

発育卵胞-排卵-黄体

卵巣からのステロイドホルモン
エストロゲン&プロゲステロン

子宮の変化
増殖内膜/分泌内膜


黄体期

プロゲステロンの役割

 排卵した後の卵胞は、黄体に変りエストロゲンとプロゲステロンを分泌します。このプロゲステロンは、増殖した内膜を分泌内膜に変えて受精卵を着床しやすい環境にするのです。また、子宮頚管から分泌される粘液の性状を変えて、精子やその他の細菌の侵入を妨げ、子宮内の受精卵を守ろうとする働きをもします。排卵後、受精卵が胞胚となり子宮内にくる7日目頃にはプロゲステロンの分泌量も最高潮に達し、着床に最も適した環境となっています。 

着床(赤ちゃんの寝床)

絨毛の役割

 胞胚が絨毛という根を張り巡らして、子宮内膜の中に深くもぐり込みます。これが着床です。この絨毛から分泌される絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)が、卵巣の黄体を刺激し妊娠黄体に変え、妊娠維持のためにエストロゲンとプロゲステロンの分泌を盛んに促し、妊娠が継続されていきます。このhCGを測定することにより、妊娠の診断ができます。
月経は次回の妊娠の準備
 着床しなければ、黄体は、萎縮しプロゲステロンやエストロゲン量も低下し、しだいに内膜が維持できなくなり、剥離して月経となります。次回の妊娠に備えるのです。
卵巣の変化
卵胞期/排卵期/黄体期

子宮内膜の変化
増殖期/分泌期

 このような月経周期は一般的に約28日周期で行われます。ちょうど月の満ち欠けと同じサイクルです。月経が始まってから、卵胞が発育している時期を卵胞期と呼び、子宮内膜は増殖しているので増殖期といいます。卵胞ホルモンがある閾値に達しLHサージが周期半ばの14日目にみられ排卵が起きます。この頃を排卵期と呼びます。排卵後の卵胞は黄体に変りますので黄体期と呼び、子宮内膜は増殖内膜から分泌内膜に変りますので分泌期と呼びます。
 この月経周期が、25日から38日以内であれば正常で、それよりも短いものを頻発月経、長いのを希発月経と月経周期の異常と定義されております。

子宮頸管の謎
 腟から子宮への入り口に子宮頚管がありますが、その頸管腺から分泌される頸管粘液も卵胞ホルモンや黄体ホルモンの影響を受けて変化をします。排卵期周辺になりますと卵胞ホルモンの分泌が盛んになっており、その影響を受けて粘液の分泌量は増え、0.3ml以上となり水様透明で糸を引くような状態になります。これを乾燥させて顕微鏡で見ますと羊歯状のきれいな結晶が形成されます。このことは腟部にある精子を毛細管現象のようにして子宮内へ運び入れるようになるのです。

 排卵した後は、黄体から黄体ホルモンが分泌されますが、子宮頚管に働きかけて粘液の性状を少なく濃厚粘稠な状態に変えます。この変化は子宮の中に精子や細菌などを入り込ませないようにします。言い換えるなら、子宮内で待ち受ける受精卵を外敵から守るという子宮の入り口を塞いでしまうのです。

妊娠の仕組み
 妊娠とは、精子と卵子が女性の卵管膨大部にて受精し、その受精卵が子宮内膜に着床して、始めて妊娠が成立したことになります。妊娠に欠かすことのできない要素として、男性側は、女性の腟内に十分な数の精子を射出できなければなりません。少なくともその精子の数は、1mlあたり2千万以上が必要とされています。また、運動する精子も50%以上でなければ妊娠を成立させるのは困難となります。
外陰部



子宮頸管

子宮体部

卵管

卵管膨大部

卵管采

卵巣
 女性側としては、先ず、排卵という現象が絶対的に不可欠で、しかも、精子を子宮頚部から子宮へ、そして受精の場である卵管膨大部へと導かれる状態になければなりません。そのうえ、精子に受精能が与えられる環境でなければなりません。また、子宮内膜は、増殖内膜から分泌内膜へと受精卵が着床できる環境に準備する必要があります。これらのいずれかが欠ければ、妊娠は成り立ちません。そして、そのメカニズムを巧くつかさどるのが、月経周期で説明しましたホルモンの働きなのです。これらのホルモンが周期的に分泌されていれば、問題は起きませんが、ホルモンバランスが乱れると、月経不順となり、無月経となったりするのです。また、黄体の機能が悪かったりすると着床は困難となります。

 一方、男性においても、下垂体からFSHやLHを分泌し、前者は精子形成系に関係していますし、後者は男性ホルモンで代表されるテストステロンの分泌に関係しています。精巣で精子ができるまでには、精粗細胞から精母細胞、精子細胞へと進化し、精子へとなっていきます。それまでに要する日数は、およそ75日といわれております。これら両者ホルモンの分泌低下は、テストステロンの産生を低下させ、精子形成も抑制されます。

妊娠のためのポイント

外陰部・腟・子宮・卵管・卵巣
精子と卵子の出会い

外陰部と腟があります。これは男性からの精子を受け入れるところであり、赤ちゃんが出てくる産道となるところです。子宮の入り口である子宮頸部、赤ちゃんの寝床となる子宮内腔、卵子が一杯詰まっている卵巣、そして精子と卵子の出会いの場となる卵管(受精は卵管の中でも大きく膨らんでいる卵管膨大部で行われます)、これらの臓器がしっかりと機能していないと妊娠は成立しません。

卵巣に卵子があること

排卵すること

卵子が卵管に取り込まれること
 
 卵巣の中には卵子が一杯入っております。生まれたころは、両側卵巣に200万個もあり、初経を迎える頃には4-50万個に減ってしまっているのです。排卵はおよそ一月に一回起こりますが、卵子を包んだ卵胞がその間に発育していき、卵子を放出するのです。その時、卵管采にうまく取り込まれて卵管に入らなければなりません。・・・妊娠のための第一のポイントとなります(排卵と卵管に取り込まれる)。
卵管が詰まっていないこと  
 次に、卵管膨大部で精子を待ち受けて受精します。卵管が詰まっていると精子と卵子は巡り合うことはありません。・・・第二のポイントとなります(卵管の閉塞がないこと)。
子宮内膜の環境が  
 受精した卵は、分割を繰り返し胚となりながら、およそ5-6日かけて子宮へと到達します。子宮内膜の中に受精卵(胞胚)が入り込み着床(赤ちゃんが寝床につく)して初めて妊娠が成立するのです。したがって、子宮内膜が赤ちゃんの寝床につきやすい環境になっていなければなりません。・・・第三のポイントになります(子宮内膜の環境)。
子宮頸管の環境  
 子宮の入り口といわれる子宮頚部は、精子を子宮の中に吸い込むような環境になければなりません。・・・第四のポイントとなります(子宮頸管の環境)。
妊娠のためのまとめ  
 妊娠、そしてお産という大事業を演じることができるのは、女性は誰でもかなえられます。だだし、必要最低条件というものがあります。@一月の間に必ず排卵が起きていること、(詳しくは、「基礎体温」のところを参照してください)A受精の場でもあり、受精卵が子宮までにたどり着けるよう卵管が詰まっていないこと、B子宮内膜は受精卵が着床できるような環境になっていること、C子宮の入り口から精子が子宮の中に入っていける環境のあることなどがあげられます。D最後に、腟が開口していて、性の営みが行える状態でなければならないことはいうまでもありません。

基礎体温測定の意義

 婦人体温計を薬局で購入し、毎朝、目覚めたときに体温計を口の中に入れて温度を測ります。

 それを記録用紙に記入していきます。

 月経周期(性周期)に合わせて体温の低い時期と体温が上昇して高い時期との2相性のパターンを示しているはずです。

 低温相から高温相に移行する頃に排卵が起きます。

 排卵の時期に関係を持つことによって妊娠する確率が高くなります。
卵子の寿命はおよそ24時間
精子の寿命はおよそ 4-5日
 高温相に移行して2日以上経過しますと、排卵した卵子の受精する能力がなくなっていますので、妊娠することはありません。排卵した卵子の寿命は24時間といわれております。一方、精子の寿命は、女性の生殖器内で4-5日と一般的にいわれています。
 低温相があまり長く続くのは、卵胞の遅延発育が考えられます。また、高温相で短すぎたりしますと、黄体の機能が不十分で着床ができにくい環境となります。
 低温相が長かったり、高温相が短かったり、高温祖への移行が緩徐だったり、低温相と高温相の温度差が0.3℃以下だったりすると、妊娠の成立が難しくなります。
基礎体温からみる異常所見

黄体の機能が不十分だと

内膜環境が悪くなり
着床しにくい環境となる

月経がみられているからといっても
「無排卵」のときもある。
 たとえ月経周期が正確にあっても、左上のような高温相の途中で体温が下がったり、左下のような高温相の移行期が緩徐だったり、右上のように高温相が短かったりしていると黄体の機能が不充分で受精卵が子宮内膜に着床できない状態にあるといえます。また、右下のように高温相が見られないのは排卵が起きていないことを表しています。
基礎体温は
あなたの健康バロメーター
 このようにして基礎体温を測定することにより、ホルモンバランスを適確に把握することができますので、女性の身体の健康バロメーターを知ることができるのです。まずは、基礎体温の測定から始めましょう。
まとめ
女性においては、卵巣、卵管、子宮などの生殖機能が正しく維持されていることが基本となります。

男性においては、精巣内で精子が作られ、運動性のある精子が女性の生殖器内へ進入していくことが基本となります。


男性の役割

 男性が妊娠に果たす役割として、先ず始めに、精巣(睾丸)内で精子を作らなければなりません。つくられた精子は尻尾を激しく振って前に進むという運動性のあることが必要になります。また、その精子のエネルギー源となる前立腺液や精嚢腺液がつくられ射精時に精子と混合され精液として射出されることです。これらを男性の生殖能力といいます。次には、女性の生殖器内、腟内へ射精することが必要です。これは性交能力といい、陰茎の勃起力や高度が要求されます。

精子が作られる仕組み

 精子は精巣内の細長い管の精細管内で作られます。精細管の中には精子の元といえる精粗細胞と精子形成系を支援するセルトリ細胞があり、セルトリ細胞は下垂体からのFSHの影響を受け活性化し、ABPというアンドロゲン結合タンパクを産生し、間質内にあるライディヒ細胞で作られた男性ホルモン、テストステロンを精細管内へ取り込みます。そしてそれは、精粗細胞から第一次精母細胞へと成熟してきたところに働きかけて、減数分裂を誘起させ、染色体の2分された22Xと22Yの第二次精母細胞へと発育していきます。

 続いて第二次精母細胞から精子細胞へと発育、そして細胞質の取れた核と尻尾の精子へとなっていきます。このときもセルトリ細胞の助けを必要としています。

 テストステロンは間質内のライディヒ細胞で産生されるのですが、このライディヒ細胞は下垂体からのLHの影響を受けて活性化するのです。そしてそのテストステロンは、精細管から精巣上体へと押し出された精子に対して、運動性を持たせるために働きかけるのです。

 このようにして男性の精子形成系においても、女性の排卵現象同様、FSHやLHという性腺刺激ホルモンの働きかけが必要なのです。
正常精液所見

 妊娠における男性側の精液所見として、精液量が2ml以上であり運動性のある精子が1ml中に2,000万以上必要だといわれています。
HOME BACK:リプロヘルス NEXT(不妊症) UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.