H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
  男性の性について

男性の
性に関する諸問題


 男性の性に関する問題は、勃起障害や早期射精(早漏)、性交途中での中折れ現象と様々な症状で男性を悩まし、パートナーにもその問題は深刻さを与え、良いコミュニケーションをとれずに大きな弊害をもたらすものといわれています。
 わが国の現代社会において、早期射精や性交途中での中折れなどを含めた勃起障害(Erectile Dysfunction: ED)を訴える男性が富に増加してきております。白井先生1)(1999年)がED関連各種疾患患者数を参考にして原因疾患別にED患者数を推定した報告をみてみますと、最小推計で440万人、最大で950万人と述べています。およそ10年前の同様の最大推計値では420万人で、倍増していることが示されています。

 更に、2000年4月に全国の30-79歳の既婚男性2,034名と既婚女性1,820名を対象として行なわれた「性に関するアンケート調査」では、男性回答者のうち29.9%がEDであることを自覚しており、女性回答者では、夫がEDと思っているのが30.1%で、ほぼ同じ割合だったのです。夫婦の間でおよそ3割がEDで悩んでいるのです。
 
 しかし、実際に、男性が医師に相談したことがあるのはわずか4.8%にしか過ぎないとあります。この様にして実際にEDで受診してくるのは氷山の一角にすぎないことがいえるようです。
性機能障害  性欲・勃起・性交・射精・極致感のいずれか一つ以上欠けるか、もしくは不十分なものと定義されています。
勃起障害
(Erectile Dysfunction:ED)
 性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が行えない状態とし、通常、性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態と定義されております。
尚、射精障害や性欲低下などはこれに含めないことになっています。
目次: 性機能障害
勃起障害の治療
臨床成績
オフィステストの成績      
勃起障害
対象と方法
年代別ED病因分布

 
 これらの一連の過程において、勃起能の低下、もしくは障害によってもたらされるのが多いようです。

IMP 研究会用語委員会; 臨泌, 39 ( 9 ) : 789, 1985
ストレスなどによる心因的要因によって起きるもの
心因的要因に加え加齢・高血圧・糖尿病・動脈硬化・抗精神病薬 などを併発して起きるもの
脊髄損傷・手術・透析・動脈硬化・糖尿病・高血圧 などの原因がハッキリしたもので起きるもの

 わが国では、1999年春よりクエン酸シルデナフィル(バイアグラ)が使用できるようになり、多くの施設でEDに対し実地臨床の場で用いられてきています。しかしながら、平方先生ら2)(2000年)の全国41施設より集められた1,488症例の調査結果によりますと、有効率83.3%と高く、副作用の発症率も5から8%と低く、その臨床的有用性の高いことを指摘しています。

 一方、海外ではプロスタグランディンE1(PgE1)の20μgを含むカバージェットという海綿体自己注射法が米国で使用できるようになり、局所投与によりより安全で確実な治療効果をもたらす有用な方法として見直されています。内服療法を第一選択剤として捉え、注射法が第二選択療法としての考えが主流となりつつあるのです。
サンシャイン山口クリニック
のホームページです。
 そこで、池袋にあるサンシャイン山口クリニックでは、このようなED患者に対し、内服療法の「バイアグラ」と、末梢血管作動薬であるフェントラミンなどとPgE1の薬剤を微量に配合し、独自に開発した注射針のみえない自己注入器(セルフジェクター)を用いた海綿体自己注射法でもって治療を行なっています。この自己注射法の臨床成績を簡単に紹介してみましょう。
 対象は早期射精(早漏)症および性交途中での中折れを含めた勃起障害で当院ED外来を訪れ受診した患者で、方法は、初診時に婚姻歴、ED歴、生活習慣、既往歴などの項目を問診表に患者自ら記載させ、それをもとに勃起能の程度を含めた診察を行ないます。その症状と年齢に合わせ、勃起力を促す目的で末梢血管作動薬である薬液4剤を配合したT液と勃起持続を目的としたPgE1のU液を用意し、TとU液の適量を組み合わせます。次いで、29Gの極細針内臓の1ml注射筒に入れて、セルフジェクターに装填し、それを陰茎の付け根より1〜2cmの遠位個所3時または9時の方向で注射針を瞬時に刺入し、およそ10〜15秒間で薬液を注入させる方法なのです。

 そのクリニックでは、初回に、実際に自己注射を行なう手順の指導の意味を含め、オフィステストと称して患者の陰茎に注射し、5分、10分後の勃起反応を患者とともに観察します。その後、勃起した陰茎に注射筒を除いたセルフジェクターのみで自己注射法を患者自ら何度も繰り返す練習をさせます。その間、10分後の勃起状態を参考にして処方の際のT液とU液の配合量を調整し処方量を設定する。次いで、海面体自己注射法の指導を十分に行った後、インフォームドコンセントを得てT液およびU液の配合された注射筒2本と持続勃起回避のための注射筒1本とセルフジェクター1個をセットにしてポシェットにいれて処方するという手順をとっています。

 セルフジェクターの写真(上段)
 
 1mlの注射筒(下段)

注射筒をセルフジェクターの
中に装填し、
注射針のキャップを外す。

学会発表要約(日本性機能学会;2001年9月8日)
 2001年9月に大宮で開催されました「日本性機能学会」で山口明志先生が発表されました「勃起障害に対する海綿体自己注射療法の臨床的評価」の要約をここで簡単に紹介してみましょう。
 対象患者の年齢分布をみますと50歳代が25.5%と全体の1/4を占めており、次いで60歳代22.6%で、30歳代17.0%、40歳代16.0%と比較的若い男性の受療率も高く、彼らの訴えるEDは、早期射精が多く、その病因も心因性によるものが多いことから、社会的ストレスに大きく起因しているものと推察しております。

 また、50歳代を超えてくると糖尿病や高血圧などによる混合性EDが増えていることから加齢と共にストレスが加わり余病を併発しEDへ拍車を掛けているものと指摘しております。
 このような背景を持つ患者に、我々は慎重に対応し十分な問診ならびに諸検査よりEDの程度を判断し、全く反応しないもの0%群(完全ED)、やや腫脹程度の弱いものを30%群(重度ED)、不充分な勃起が得られるもの50%群(中等度ED)、勃起は得られるが性交には不充分と思われるもの70%群(軽度ED)、完全勃起は得られるものの早期射精および中折れを訴えるのを100%群と判定し、それに応じてT液およびU液の薬液量を調整しオフィステストを試みています。
 その薬液量は実際処方量の1/2から2/3の量をめどにし投与し薬液総量平均は0.285mlと極微量の薬液の投与であり、軽症例ほどその量も少なくなっています。投与10分後の判定では完全勃起や挿入可能なまでに勃起がみられた反応良好群が、全体で90%であるも症状別では0%群81%、30%群89%、50%群97%、70%群95%、100%群73%の結果でした。

 完全EDや軽症で反応不良が多かったのは、オフィステストでの薬液量が全体として少なすぎたためと考えられたので、実際の処方時にはその倍量を投与して対処したと述べています。
 オフィステスト後に自己注射の処方を断念したのは10例であり、自ら陰茎に注射をすることに自信を持ち得なかったためとしており、全体としてはむしろ本療法の受容性は高かったものと述べています。

 96例の処方者に対し、1例が8時間の持続勃起を訴えたのが1例、自己注射時、注射針を抜くのが早すぎて十分な薬液量が注入できずに満足な勃起が得られなかった症例2例で、副作用と思わしき症例3例3%であり、その他は特に不満を訴えるような副作用は認められなかったと述べています。

 これらのことから、オフィステストでの有用性は、患者自らがほぼ確実な勃起現象を体得し得たこと、そして勃起している間に持続勃起などのリスクを説明し、更に自己注射法の実施訓練を行うことにより、副作用や注射への恐怖心を取り除くことができたこと。更に実際の自己注射時の適正な処方量がきめられることが本法の利点と考えると結論づけておりました。
自己注射法の実体験例
HOME NEXT UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.