H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
  男性の性について

男性の
性に関する諸問題


 男性の性に関する問題は、勃起障害や早期射精(早漏)、性交途中での中折れ現象と様々な症状で男性を悩まし、パートナーにもその問題は深刻さを与え、良いコミュニケーションをとれずに大きな弊害をもたらすものといわれています。
 わが国の現代社会において、早期射精や性交途中での中折れなどを含めた勃起障害(Erectile Dysfunction: ED)を訴える男性が富に増加してきております。白井先生1)(1999年)がED関連各種疾患患者数を参考にして原因疾患別にED患者数を推定した報告をみてみますと、最小推計で440万人、最大で950万人と述べています。およそ10年前の同様の最大推計値では420万人で、倍増していることが示されています。

 更に、2000年4月に全国の30-79歳の既婚男性2,034名と既婚女性1,820名を対象として行なわれた「性に関するアンケート調査」では、男性回答者のうち29.9%がEDであることを自覚しており、女性回答者では、夫がEDと思っているのが30.1%で、ほぼ同じ割合だったのです。夫婦の間でおよそ3割がEDで悩んでいるのです。

 更に、このEDによって夫婦生活に影響をもたらしていると答えているのが男性で23.6%、女性で16.0%とあります。しかも、それを年代別でみると40歳代が最も高く男性で35.3%、女性30.6%と社会的に最も重要な世代でのEDの悩みの深刻さが窺えるのです。

 しかし、実際に、男性が医師に相談したことがあるのはわずか4.8%にしか過ぎないとあります。この様にして実際にEDで受診してくるのは氷山の一角にすぎないことがいえるようです。
勃起障害
(Erectile Dysfunction:ED)
 性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が行えない状態とし、通常、性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態と定義されております。
尚、射精障害や性欲低下などはこれに含めないことになっています。
性機能障害  性欲・勃起・性交・射精・極致感のいずれか一つ以上欠けるか、もしくは不十分なものと定義されています。
目次: 生殖生理の概念
男性の性交能力       
性行動             
性交頻度            
男性の生殖生理
勃起のメカニズム
夫婦の性;1,000に聞く(朝日新聞調査)
セックスレスとは…

 生殖における役割として女性と男性では大きく異なっています。
 女性は、排卵-受精-着床-妊娠-出産という一大イベントといえる役割を担っています。そこには、生殖器として卵巣、子宮、子宮頚部、膣部が正常でなければなりませんし、内分泌系として、間脳、下垂体、卵巣の機能系が正常で、規則的且つ律動的にホルモンが分泌され排卵現象が起きていなければなりません。
 一方男性は、女性の膣内への射精(精子の放出)という役割があります。そこには、生殖器として精巣、精巣上体、精嚢、前立腺、陰茎が正常であり、内分泌系として、間脳、下垂体、精巣の機能系が正常で男性としての十分なホルモンが分泌され、精子が造られていなければなりません。
女性は…!   月経周期を持っています。
  妊娠することができます。
  授乳することができます。
  卵子は X性染色体のみでしかもっていません。
  卵子は自ら動くことはありません。
  生まれたとき卵巣内に卵子を200万有し、その後、新たに卵子を作れません。
  思春期頃より排卵が起こり、初めて受精可能な状態となります。
  50歳頃の閉経を迎えてしまうと妊娠することはありません。
男性は…!   妊娠させることができます。
  XとYの性染色体を持っているため性を決定することができるのです。
  しかも、精子は自ら動くことができます。
  精子は思春期頃より作り始め、例え80歳になっても新たに作り続けます。
  しかも、その数は億単位で作られています。
精子発生 ( Spermiogenesis )
 精巣内の精細管の中で精子形成が行なわれます。
 精子の基といわれる精粗細胞から精子迄にはおよそ74日をついやしているのです。
 ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)と男性ホルモンであるテストステロンが重要な鍵となっています。
精巣上体−精子の貯蔵庫ともいわれ、5-6mの蛇行した管で精管に続く。
   精巣で形成された精子が運動能を獲得するには、精巣上体における成熟が必要と
   いわれています。
精漿−精液のうち、精子(全容量の1%)を除いた液体成分。
     精嚢液(2.5-3.0ml)、前立腺液(0.5ml)、尿道腺液(0.1-0.2ml)
 前立腺液に含まれる亜鉛は抗菌作用を持ち精子の運動性を促進します。
 精嚢液には各種凝固因子及び蛋白質を含み、果糖は精子の運動エネルギーとなります。
お互いに性交をするという精神的なゆとりのある気持ちを抱くことが大切なことでしょう。
性欲、勃起、陰茎腟内挿入、射精の四つの条件が必要となります。
陰茎海綿体に血液が充満して陰茎が充満することを勃起といいます。
 中枢性勃起:性的刺激が間脳勃起中枢を介して脊髄勃起中枢に作用して起こります。
 反射性勃起 :性的興奮を伴なわなくして起こることをいいます。
 第1段階:射精中枢が興奮して、精巣精細管が収縮し、精巣上体尾部の精子は、精管の蠕動により精管膨大部に運ばれ、前立腺液と精嚢液とが混合されます。尿道括約筋は閉鎖し、膀胱内への逆流を防止するのです。
 第2段階:外尿道括約筋の弛緩によって始り、精液は尿道球部と尿道海綿体部に入り、次いで会陰筋及び尿道括約筋の律動的収縮で外尿道口より射出されるのです。
Conti (1952 ) の仮説
 非勃起時には動静脈吻合を通り、海綿体に流入しない。
 勃起時にはこの動静脈吻合が閉じて血流は海綿体に流れ込み、更に、陰茎海綿体から   の流出静脈をもその内腔を閉じて海綿体からの血流を阻止する。
性行動には、

子孫繁栄を目的とした
生殖行動

豊かな営みを目的とした
情動行動
 性の営みには、お互いに求め合う「快楽の性」があり、そこに築きあげられるお互いの絆ともいえる「連帯の性」があります。そしてその頂点にあるものが「生殖の性」といえるのではないでしょうか。
 昨年、2001年7月の朝日新聞の朝刊に掲載されました「夫婦の性;1,000人に聞く」という記事からの抜粋を紹介しましょう。
性についての考えからとしまして、
 「楽しいもの」が男女とも最も高く94%と78%の回答率でした。
 「男がリードするもの」は、男性60%、女性59%とほぼ同率でした。 
 「妻の求めに応じるのは夫の役割」は男性71%、女性43%と28ポイントの解離があります。
 「夫の求めに応じるのは妻の役割」は男性51%、女性32%と19ポイントの解離。
 「女から求めるのは恥ずかしい」が男性9%、女性26%と17ポイント妻側が高くなっています。
配偶者との性について
 「精神的満足感を得ている」は、いつもと大体を含めて、夫側72%、妻側64%
 「肉体的満足感を得ている」は、夫側73%、妻側68%とあります。
 夫側の3割弱、妻側の3割強は、夫婦の性に不満を抱いているようです。
 
同様の朝日新聞の調査では、性交回数についても調査しております。
 これによりますと、20歳代では週1回以上が46%であるのに対し50歳代では6%大きく低下しています。反面、1年以上もセックスのないカップルが30歳代で11%、50歳代では33%とあります。全体の500組の夫婦では28%がセックスレスという数値が示されておりました。
 セックスレスの理由として、
 男性は、「面倒くさい(21%)」、「出産後なんとなく(16%)」、「仕事の疲れから(16%)」、「セックスより趣味など楽しいことがあるから(10%)」の順でした。

 女性は、「面倒くさい(17%)」、「セックスより趣味など楽しいことがあるから(16%)」、「出産後なんとなく(12%)」、「家族(肉親)のように思えるから(10%)」、「相手の一方的なセックスに不満があるから(8%)」と続いていました。
 日本性科学学会は、1994年に、特殊な事情が認められないにも拘わらずカップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが 1ヶ月以上なく、その後も長期に亘ることが予想される場合をセックスレスと定義しております。
 
阿部輝夫先生:1991年資料より


 左のグラフは、5,445名の男性の性交頻度をみた調査結果ですが、グレーのバーが月1回未満、白いバーがなしというもので、50歳代前半で24%、後半35%とあり、朝日新聞社の結果と同じような値を示しています。

 更に、年齢を重ねることにその値は高くなっています。

 これらのセックスレスの中には、加齢によることもさながら勃起障害などに起因していることも少なくありません。


出典:熊本;日老年医学 29: 350, 1992
 
HOME NEXT UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.