H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 ピル服用の実際
絶対的禁忌
相対的禁忌
ピル服用の手順
ピル服用時の各種検査
ピルを初めて飲み始める時

絶対的禁忌
 
 ピルといえども、誰しもが服用できるものではなく、服用できない女性もいます。また、服用に際しては、医師の管理下で慎重に服用しなければならない女性もいます。ピル服用の絶対的禁忌(ピルの服用できないもの)と相対的禁忌(ピル服用に際して、医師の管理下に行うもの)を下表に示します。

本剤の成分に対し過敏性素因のある女性 以前にピルなどの同じようなホルモン配合剤を服用して過敏症を起こしたことのある人
工ストロゲン依存性腫瘍(例えば乳癌、子宮体癌、子宮筋腫)、子宮頚癌およびその疑いのある患者 腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがあります
診断の確定していない異常性器出血のある患者 性器癌の疑いがあります。出血が性器癌による場合は、癌の悪化あるいは顕性化を促すことになります
血栓性静脈炎,肺塞栓症,脳血管障害,冠動脈疾患またはその既往歴のある患者 血液凝固能が亢進し、これらの症状が増悪することがあります
35歳以上で1日15本以上の喫煙者 心筋梗塞等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります
血栓性素因のある女性 血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります
抗リン脂質抗体症候群の患者 血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります
大手術の術前4週以内,術後2週以内,産後4週以内及び長期間安静状態の患者 血液凝固能が亢進し、心血管系の副作用の危険性が高くなることがあります
重篤な肝障害のある患者 代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が増悪することがあります
肝腫瘍のある患者 症状を増悪することがあります
脂質代謝異常のある患者 血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります。また、脂質代謝に影響を及ぼす可能性があるため、症状が増悪することがあります
高血圧のある患者(軽度の高血圧の患者を除く) 血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります。また、症状が増悪することがあります
耳硬化症の患者 症状を増悪することがあります
妊娠中に黄疸、持続性そう痒症又は妊娠ヘルペスの既往歴のある女性 症状を再発するおそれがあります
妊娠または妊娠している可能性のある女性 妊娠中の服用に関する安全性は確立されていないためといわれております
授乳婦 母乳の量的、質的低下が起こることいわれております。また、母乳中に移行することも報告されています
思春期前の女性 骨端の早期閉鎖をきたすおそれがあります

相対的禁忌  服用にあたり慎重な判断を要する場合
40歳以上の女性 一般に、心筋梗塞等の心血管系障害が発生しやすくなる年代ともいわれ、これを助長するおそれがあります
乳癌の家族歴または乳房に結節を有する女性 エスドロゲン投与と乳癌発生との因果関係についての関連性を示唆する報告もあるため、定期的に乳房検診を行うなど慎重でなければなりません
喫煙者 心筋梗塞等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります
肥満の女性 血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります
血栓症の家族歴を持つ女性 血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります
軽度の高血圧(妊娠中の高血圧の既往も合む)の患者 血栓症等の心血管系の障害が発生しやすくなるとの報告があります
耐糖能の低下している女性(糖尿病患者及び耐糖能異常の女性) 耐糖能が低下することがあるため、十分な管理のもとに服用しなければなりません
ポルフィリン症の患者 症状を増悪することがあります
肝障害のある患者 代謝能が低下しており肝臓への負担が増加するため、症状が憎悪することがあります
心疾患、腎疾患又はその既往歴のある患者 ナトリウム又は体液の貯留により、症状を増悪することがあります
てんかん患者 症状を増悪することがあります
テタ二一のある患者 症状を増悪することがあります

乳癌、子宮体癌、子宮頸癌、子宮筋腫およびその疑いのある人とは?
 乳癌、子宮体癌、子宮頚癌や子宮筋腫は女性ホルモンの1種である卵胞ホルモン(エストロゲン)によってその発症や増殖が促されるといわれています。従って、乳癌、子宮体癌、子宮頚癌や子宮筋腫およぴその疑いのある人がピルを服用すると、ビルに含まれている卵胞ホルモンにより症状が悪化するおそれがあるため、これらにあてはまる人はピルをのまないようにしてください。
血栓性素因のある人とは?
 生まれつき血栓が生じやすい体質(たとえば、血液が体の中で固まらないようにする成分が少ない人)を持っている人を先天性血栓素因のある人といいます。
 一方、糖尿病、高脂血症、重症感染症にかかっている人や、血液凝固因子製剤の投与を受けている人を後天性血栓性素因のある人といいます。このような体質の人がピルを服用すると、血栓が生じやすくなることが知られています。血栓が生じる危険を回避するためには、ピルの処方を受ける前に、医師に申し出てください。
 また、治療を要するほどの脱水症状や長期間体を動かせない状態の人、著しい血圧の上昇が生じた場合などには、血栓を起こしやすくなりますので、注意が必要です。
抗リン脂質抗体症候群とは?
 抗リン脂質抗体症候群は、血栓性素因の一つとして考えられています。全身性エリテマトーデスの患者で抗リン脂質抗体症候群が検出されたとの報告があります。抗リン脂質抗体が陽性の患者では動・静脈血栓症、血小板減少症、習慣性流産などの合併症が多いといわれています。
脂質代謝異常のある人とは?  
 摂取した栄養物質を変化させて体の一部を作ったり、活動のエネルギー源とし、不必要な生成物を排出するために起こる生体内の複雑な化学反応を代謝といいますが、脂質に関係する代謝が正常に出来なくなることを脂質代謝異常といいます。脂質代謝異常によって起こる病気には、糖尿病や高脂血症などがあります。
耳硬化症とは?
 耳の中の骨のひとつ(アブミ骨)の周辺に骨の異常な増殖が起こり、難聴となる病気です。白色人種や女性に多く、遺伝することもあり、同一家系に多発することもあります。
妊娠ヘルペスとは?
 通常、妊娠3〜4カ月以降に発病し、激しいかゆみや痛みをともなう多数の水ぶくれができます。同時に膿を含んだ水ぶくれ・びらん・かさぶたなどもできます。分娩後はすみやかに治りますが、妊娠ごとに繰り返すこともあります。
テタ二一とは?
 主に手足の筋肉が部分的に強い痙れんを起こし、ひじやひざが曲がったまま動かなくなる状態をいいます。
 症状が重い場合には鼻から喉にかけての筋肉や、呼吸するときに必要な筋肉、さらには全身の筋肉に痙れん症状が起こる場合もあり、喘鳴(呼吸とともに「ゼイゼイ」または「ヒユーヒユー」という音がする)をともなうこともあります。
 代表的なものに副甲状腺機能低下症、他にビタミンD欠乏症や低カルシウム血症、アルカローシス(血液がアルカリ性になる)などでもおきることがあります。

 このようにピルを服用するに際して、様々な禁忌や慎重投与の項目があります。安易な気持ちでピルを手にするのではなく、自分の身体の健康と妊娠するリスクなども考えて医師のもとを訪れるようにしましょう。

 さらに、ピルは要指示薬に指定されているため、医師の処方箋(ピルは健康な女性が飲むため保険の対象となりません)が必要となります。処方箋なしで一般の薬店・薬局で手にすることはできません。ピルが認可されている世界の殆どの国でこのシステムが取られています。

ピル処方の手順  
 ピル服用に際し、医師のもとを訪れる前にしなければならないことがあります。それは基礎体温(BBT)をつけておくことです。そしてそれを医師にみてもらうことです。そうすることにより、あなたのホルモン環境を把握することができるので、とても大切なことです。
 
 ピル処方に際し、下段に示すような手順で、問診、身長・体重、血圧や血液生化学検査が行なわれ処方されることになるでしょう。性感染症や癌検診も加え、女性の健康管理を含め行なうことがとても大切なことといえます。

ピル服用中の検査項目と時期について下段に示すよう行なわれるでしょう。

ピル服用開始前
服用中の
主な検査項目
 特に、服用前の検診の中で、子宮頚がん、乳がん検診およびSTD(性感染症)の検査は、女性の健康管理に繋がりますので、ことの大切さを考え、積極的に受診するよう心がけるようにしましょう。

ピルを飲み始めるとき  ピルを始めて服用する場合は、通常、月経周期の初日から飲むようになっています。これは、飲み始めた時から確実な避妊効果を得るための理由ですが、その出血が通常の月経と違って中間期出血と間違えると大変です。このような心配があるときは、ピルを飲み始めてから7日間他の避妊法を併用するとより安心です。
 ピルを21日間服用して、7日間の休薬をとり、再び、8日目より新しいシートのピルを飲み始めます。これがピル服用の基本パターンです。
 変わった服用開始法として、月経開始後の最初の日曜日に飲み始める方法があります。これをサンデーピル(サンデーメソッド)と呼び、ウィークエンドには出血が起きないようにするために考えられた方法です。したがって、この方法を取る場合、飲み始めの最初は、排卵が起きる可能性があるため、ピルを飲み始めて、最初の7日間は他の避妊法を併用しなければなりません。必ずしも、日曜日から始めるのでなく、土曜日からでもよいのです。
分娩後に飲み始めるとき  分娩後、少なくとも4週間以上過ぎてから飲み始めるようにします。その時、授乳していると母乳の量的、質的低下が起きるためピルの服用は勧められません。できれば、授乳を止めて最初の月経が起きてから飲むようにしましょう。それまではいつ排卵が起きるかわかりませんので、ピル以外の避妊法をしっかりと行うようにしましょう。また、授乳を止めて、任意の日から飲み始めることもできます。この場合、飲み初めの最初から7日間は、他の避妊法を併用しなければなりません。
中絶後に飲み始めるとき  中絶後直ちに飲むことはできますが、止血剤などを使用している場合は飲めません。また、「直ぐに避妊のことを考えなければならない」というのは、女性にとって大変なことですね。できればしばらく、時間をあけるよう努めるのが男性の思いやりといえます。次回の月経の開始日からか、または、任意の日から飲むこともできます。但し、この場合、飲み始めの最初の7日間は他の避妊法と併用しなければなりません。
HOME BACK(低用量ピル) NEXT(留意点) UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.