H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 リプロ・ヘルス情報センター
代表:  菅  睦 雄
作成年月日   平成7年3月29日
 この思いでは、低用量ピルの認可が未だ侭ならない状況のなかで、私が「低用量ピル早期承認」に向けてと題してある取材グループと共に、ピル先進国、オランダ、そしてスイスのWHOなどを訪問した時にまとめたものである。

 ちょうど、平成7年1月17日には「神戸大震災」が起き、3月20日に「地下鉄サリン事件」が発生した時でもあった。日本中を震撼させた時であった。私にとっては、この取材旅行を日本においてリプロ・ヘルスの大きな転換の起点になるのではないかと思い、意気を鼓舞しながら旅たったという思いがあった。

序 章  
 わが国日本は、信頼性の最も高くしかも安全性が一段と向上した低用量経口避妊薬(ピル)が認可されていない数少ない国である。調べによると北朝鮮と日本だけのようだ。なぜだろうか?その理由は、「日本は『ピルを認可するとコンドームの使用が減少し、エイズ蔓延に拍車を掛ける恐れがある』として政府はピルを認可しようとしない」と云うものだ。ピルは1960年にアメリカで経口避妊薬として認められて以来、35年が経過し今や世界中の至るところで避妊法の主流となっている。世界で9千万人以上の女性がピルで避妊をしている。西欧諸国では妊娠可能女性のおよそ30%はピルで避妊をしていると云う。ピルを飲む飲まないは女性の選択の自由に任されているのである。

 ところが日本ではわずか1%にも満たない。およそ20万人前後であろう。しかも、それは60年代後半に世界でピルとして用いられていたもので、ホルモン量の比較的多いものが、現在の日本で、月経異常などの治療用薬剤として認可されているものを、ピルとして代用しているのである。その結果、多くの日本人女性はピルに対してネガティブなイメージ、副作用神話を作り出しているのである。そして避妊法は男性主導のコンドームに強く依存しており、家族計画についての鍵は男性が握っていることになる。しかも日本人女性において望まれた妊娠で出産する割合はわずか36%と報告されている。残りの39%は意図しない妊娠や望まない妊娠での出産であり、さらに残りの25%が中絶をしている。
 わが国の家族計画に関する分野では、はたして充分満足しうる環境下にあるのだろうか?その違いを他の国と比較し明らかにしたいと、世界で最も優れた家族計画運動が効を奏していると云われるオランダの実情を調査すべく訪問をすることにした。

 オランダの家庭を訪問して

 アムステルダムから西へおよそ20キロ離れたハーレムの郊外アーデンホウトの町を訪れた。そこは春の陽射しには未だほど遠いものの街路樹は穏やかな陽に輝き、そのすき間から見える2階建てのモダンな家の建ち並ぶ光景はまさに中流階層の住宅街という観がする。目指す家庭は van der Doef 宅である。フォルクスワーゲンの車が入り口を誇らしげに占領しており、その横を通り抜けて茶色のレンガ造りのモダンな2階建ての玄関を訪れた。中に入ると、真っ白な壁に包まれ北側の部屋も、南側の部屋も大きな窓があり、陽射しが充分に入り込むようになっていて、部屋全体がとても明るく感じる。
 45歳になる Sanderijn 夫人が快く我々の訪問を待ち受け入れてくれた。その家族構成は夫46歳で、結婚15年目を迎えているという。子どもは9歳になる長男 Sress 君と7歳の Miche 君と Yara ちゃん双子の3人兄弟である。

 「30歳になって結婚して、始めは子どもが欲しくなかったからピルを使って避妊をしていました。ピルは避妊効果としては確実で、手軽な方法だから、とっても便利なんです。副作用なんて全く考えたことがない。確かに頭痛などを訴える女性など聞きますが、私にとっては全く素晴らしいものです。5年間ピルで避妊をしていて子どもが欲しくなってそこで服用するのを止めて、上の子が生まれたのです。そして1年間、またピルで避妊をして下の子が生まれたのですが、それが双子だったのでとてもびっくりしました。私たち夫婦の間では、3人の子どもを持つ予定だったのでこれでもう終わりですネ」と9歳と7歳の男の子を交えながら、笑顔で語ってくれた。「上の子はもう性に興味を持ち始めているので、赤ちゃんはどうして生まれるのかだとか、良く聞きにきます。コンドームやピルなど避妊の話をしたりします」と、そしてテーブルの上に置かれていたピルを取り上げ、「これを今飲んでいるのです」と最も新しい第三世代のピルを指し示し答えてくれた。

 そこへ35歳のシンディー(仮称)さんが37歳の夫と3歳の女の子と16ケ月になるヨチヨチ歩きの女の子を連れて家族ぐるみでやってきた。やはりこの夫婦もピルで避妊をしていると云う。その理由は安全で確実な避妊法だからと云う。日本では、エイズの問題でピルが未だ認可されていないことを説明すると、怪訝そうな顔をして「コンドームは避妊というより性感染症(STD)を防ぐというイメージが強い。コンドームでの避妊効果はピルに比べると不安だし、私たち夫婦にはしっくりしない。やっぱりピルは安心して確実に避妊ができるという気持ちが強いワ。確かにエイズ問題にコンドームは欠かすことはできないけど、そのために私たち夫婦がピルを使えなくなるなんておかしなことだワ」と語ってくれた。

 オランダの夫婦間での避妊法は、手軽で確実な避妊法としてピルが定着してしまっているようだ。しかも副作用という考えも服用している女性の間で、その懸念は全くみられない。

アムステルダムの街で何組かのカップルに聞く

 日曜日の午後、ライツェ広場に出て何組かのカップルに「あなたはピルを知っていますか?」「ピルを使っていますか?」という不躾な質問をしてみた。「知っているヨ、でも今は関係ないから」という老夫婦。「当然でしょ、今も使っているわヨ」という若いカップル。「何でそんなことを聞くの? 知らない人はいないんじゃない」と答える若いポリスウーマン。日本ではまだピルが認可されていないことと、その理由を説明すると、不思議そうな顔をする。でもみんな明るく答えてくれた。中には質問に笑って通り過ぎる者もいるが、その多くは他国からの旅行者のようだと案内をしてくれたオランダ人の女性が答えてくれた。

 あとで、そのオランダ人女性に聞くと、妊娠可能の女性の40%以上はピルを服用しているし、20歳代の女性は70%以上にも及んでいるという。当然のことだ。これらの回答からも、ピルは日常生活の中に完全に入り込んでしまっている。そしてピルを暗いイメージに取り込んでいる者はいないというのを強く感じた。

20歳前半の若い女性に避妊のことを聞く


 オランダの家族計画センターでカウンセラーを行っている23歳の女性が22歳の妹とその友達を連れて、私たちのホテルを訪ねてきてくれた。家族計画センターは、性教育プログラムの質の向上やその情報の提供、避妊法や避妊具の無料提供、さらには避妊などに関する電話相談を行うなどの幅広い活動を行っている組織だという。

 上司の許可を得ていないので、当センターの活動に関する詳細な話はできないが、私たちの同年代の性に関する考え方についてなら話ができるということで、ホテルのロビーでおよそ1時間ほど彼女たちの話を聞くことができた。3人とも結婚は未だしていないものの、性的交渉を持つ特定の相手はいるといっていた。そして、避妊はピルで確実に行っているという。その服用しているピルの名前まで話してくれた。

 「確かに、今の若者の間での性行動は活発になってきていることに対し否定はしません。でも多くの大人たちが考える以上に、私たちはまじめに交際し、考えているのです。将来のことも踏まえてです。性の営みを考えるとき、必ず避妊のことは話し合います。始めはコンドームで避妊をしていましたが、今は、ピルです。それは確実で安全だからです。まさかの妊娠で心配することは無いですからネ」と明快に答えてくれた。エイズのことについて聞くと「私も彼もHIVの検査はしていないのです。その勇気が無いのです。ちょっぴり心配ですが、私は彼を信じています。彼も私を信じてくれています。お互い信じ合うことも大切なことではないでしょうか?」とキラリと眼を輝かせながら語りかけてきた。もしコンドームもピルもない無防備な性があるとしたらの問いかけに、「そんなことは信じられないし、もし起きたとしたら、医師を訪れてモーニングアフターピルの処方をしてもらうわ。絶対に中絶はしたくないからネ」との返事が直ぐに返ってきた。このような情報や知識は何処で得てきたのかを訪ねると、学校の生物学の時間で習ったという。われわれの経験で云うならば避妊などの性教育は保健体育の時間と考えていたのが、大きく違っていたのだ。そこで実際の学校の教育現場で、どのような性教育が行われているのかを見てみる必要を感じてきた。

学校の性教育の現場で

 ユトレヒトから東に 7-8 キロに位置する Zeist の街中の Montessori Lyceum 学校を訪れることにした。大きな国道を右折すると、田園地帯の中にレンガ色の3階建のビルがその目的とする学校だ。広大な土地の中にある校舎だ。実にゆったりとしている。この学校の名前にあるようにモンテソリ教育法を取り入れている。生徒自身に自学させることを主眼とし特に感覚教育を強調しているという。中流階級以上の集まる学校と評価が高い。

 先ず、生物学教師の Mr. Buizer 先生に面会を申し込み、朝の8時30分に学校を訪れ教員のカンファレンスルームに通される。生徒は朝のこの時間に廊下を行き交って、結構にぎやかだ。10歳ぐらいから17-8歳ぐらいまでで年齢層は結構幅がある。訪問の主旨を伝えると「性教育は13-4 歳で行うが、その時は生殖生理の基本、妊娠の成立、避妊法の種類とそのメカニズムなどを教えている」と云う。今日は、朝一番に15-6 歳の生徒を対象とした授業があるので、それを見学するといいと、その教室に案内される。その教室は16-7名で構成され、男女半々である。同じ年代だというのに、未だ子ども子どもしたものもいれば、全く大人と変わらない生徒も混じっていた。私たちが見学する理由を簡単に説明し、普通はオランダ語だが今日は私たちのために英語で授業を行って良いかという了解を得る。なんの抵抗もない。はしゃいだり、浮き足立つ子もいない。また、われわれの方に注目する子もいない。先ず始めに、" What about you " という高学年を対象とした性教育のビデオプログラムを供覧する。「これはピルを発売している製薬会社が君たちを対象とした性教育の一環で作成したものだ」と紹介する。内容は卒業間近の同世代の男女が、お互い恋に陥り一夜を共にしてしまう。彼女たちの間での恋愛は『きずなの象徴』と考えているようだ。でも、衝動的なためか避妊はしなかったようだ。そこから女の子の苦悩が始まるというストーリーだ。苦悩するのにも段階がある。妊娠の成立するメカニズムをイラストで解りやすく解説が入る。彼女はその悩みを友達に打ち明ける。男女を交えた友達同士の避妊についての会話。そこで正しい避妊法は何かを解説する。リズム法、コンドーム、ピルやIUDなどの利点・欠点が述べられている。実に解りやすい。生徒たちは食い入るようにテレビに釘付けになって行く。その子は、友達に連れられて医師のもとを訪れる。ゆっくりと穏やかに話を聞く医師。そして妊娠診断薬を用いて検査をする。その結果を聞いて、その子は明るく輝いた眼をして、直ぐ彼に電話をする。生徒たちの間からほっとした溜息が思わず漏れる。ごく身近な問題として彼らは捉えているのだろう。

 ビデオが終わった後、直ぐに先生は生徒に感想を求める。生徒のコメントは少し聞き取り難かったが、避妊の大切さを語っていたようだ。コンドームやピルの実物を見せ、コンドームに水を入れてこんなに丈夫だという実演も交える。エイズやSTDの問題についても語りかける。「避妊だけでは不十分でエイズ/STD予防の見地からコンドームの使用は必要だ」と強調する先生。生徒からは男女を問わず熱心で活発な討議が繰り返されている。実に明るい雰囲気で授業は進んでいる。日本とは大違いだ。

 ここで学んだことは、「ダブルダッチ・メソッド」というものだ。女性は、ピルで避妊をし、男性はコンドームで避妊をするというもので、お互いが避妊に対する責任を持つということと、STDの予防にもつながるので性に対する徹底した相互の責任を測るというものだ。

 休み時間には、外で日向をしながら友達同士で会話を楽しんでいる。実に開放的な環境だ。そこにはタバコを吸っているものもいた。バスケットボールに興じているものもいる。みんな明るく伸び伸びとしている。でも授業ではみんな熱心な眼差しであったことを印象に残して学校を後した。

公衆環境衛生学の専門家 Ketting 先生を訪ねる

 Ketting 先生はユトレヒトにあるオランダ社会性科学協会の代表で、オランダでの家族計画に大きく貢献してきた一人である。口髭を蓄え精悍な眼差しを持つ男性で、「オランダは世界中で最も人工妊娠中絶の少ない国である」と誇らしげに語りかけてきた。オランダでの家族計画運動の幕開けは 1960年に始まったと述べ、「60年代の半ばまで家族計画の問題はタブー視されていたが、農業国から産業国に大きくシフトし、高度経済成長の波にのり、教育レベルの充実に伴い、テレビなどのマスメディアの好影響も相まって、家族計画の問題が大きく取り上げられるようになってきた」と語ってくれた。一方、「そこには宗教的な影響力が少し弱まったことや、人口増加の問題などもあり、更に人工妊娠中絶が60年代後半に合法化されたこともあって、政治的社会的注目が『いかに望まない妊娠を避けるか』に関心が集められたために徹底した避妊、家族計画運動が進展した」と、「セクシャリティについて家庭、学校、メディアで殆ど語られていなかったのが、65-75年の10年間に劇的に変化していった」とも語ってくれた。その大きなポイントはピルの普及によるものが大きい。それは女性の解放と自立に繋がって行ったためだと云う。

 そこには家族計画センターの充実、これには政府の協力なしでは語れないと、そしてオランダホームドクター協会の献身的な協力、性教育の充実とともに徹底した思春期対策が効を奏したと語ってくれた。また70年代半ばにピルの副作用の恐れがメディアを通して流布されたために、ピルから避妊手術に一時期的に移行したこともあってか、家族計画の中にいた女性たちはピルで避妊を行い、産み終え世代では避妊手術へとの図式が巧く運んだととも語ってくれた。最後にピルとエイズの問題について問いかけてみると、「全く関連性の無いことであり、エイズ予防には早くから充分な情報がメディアを通して提供されていたことが、効を奏したようです」と、しかもピルの普及によって若者の性行動が乱れるかとの危惧に対しては、「確かにわれわれ大人たちの間でも懸念するものがいて大きな議論を呼んだが、結果はその懸念は完璧に払拭され、むしろ良い方向に進んだ。それはピルを服用する女性が目覚め、自立したからだ」と結んでくれた。そして最後に現在、オランダで直面している問題は、海外からの移住者と十代の望まない妊娠を防ぐことであるという。特に、未婚の10歳代の性行動をもつ女性は60年代後半の19%から、80年代後半には51%と激増している。しかし、彼女らの望まない妊娠は未婚10歳代女性1,000人に対して105‰から16.7‰とピルの普及につれ激減している。それでも未だ大きな問題であるという。

ベルギーに本部を置く国際保健財団の代表の
              オーデンス先生に聞く
 国際保健財団(International Health Fandation)は世界各国の健康管理、特に母子保健とリプロダクティブ・ヘルスに関連した問題の追求と改善を目指して活躍している組織であり、ここ10年来欧州諸国の家族計画の実態について大規模な調査を行い、その結果を発表し、各国の問題点や考え方の相違などを提示して各国共通の理想的な家族計画が営めるよう努力しているところであると云う。

 オーデンス先生は、週に一度はアムステルダムにきて仕事をしてそのついでに買い物をして帰るからと云って、私たちのホテルをわざわざ訪ねて来てくれた。今回の訪問の意図を説明すると、「それは確かに難しい問題です。それぞれの国で、それぞれの問題を抱えているように、人種や考え方が微妙に異なっているのでこの家族計画の問題も一概に論じることはできません。このヨーロッパも大きく分けて北、西、東、南欧州と4つの地区でハッキリとした違いが見られます。一番遅れているのが東欧州で、今まで社会主義世界で取り残されていた感があります。次は南欧州で男性社会主義的要素が未だ強いところだと感じております。これをできるだけ早く同一レベルにもって行くことが重要な使命だと考えています。でも不思議な事ですよネ、1つの性行動によって引き起こされる問題は常に女性か子どもだと云うことです。しかも女性はその被害者意識が強く出てくるという悪循環。これも問題だと感じます。でも、逆にピルを手にし、望まぬ妊娠から解放されたと考えられる女性は自立でき、この問題についてハッキリと男性と同等に立つことができたということです。私も今、自分のクリニックで診療もしています。計画妊娠で待ち望まれた子を得る、その子の環境は素晴らしいものです。本当にその夫婦はお互いに協力し合いながら家庭を築こうとしていくのです。それが理想的な家族計画というものではないでしょうか」と熱く語ってくれた彼の心に、なぜかしら大きく共鳴するものを感じた。「今年の 8月に横浜で開催される国際性科学会議のシンポジストとして案内状が来ているので、またお会いできると思うよ」といって別れた先生の笑顔が印象に未だ残ってやまない。

 私はそこで、機中で手にしたオランダ人ジャーナリストのヴァン・ウォルフレンの著書「人間を幸福にしない日本というシステム」の中で『厚生省の不健康な風習』の項、「官僚は消費者より企業の保護を好むだけでなく、社会統制力も手中に残しておこうとしている。日本人の私生活にも支配権をもち続けたいのである」、そして「厚かましい官僚干渉の例としては、厚生省が日本人の女性たちに、ごくありふれた、薬による避妊法を利用させまいとしていることがある。こんなことは、民主主義のもとではあってはならない種類のおせっかいだ」という一節が鮮明に呼び起こされて、もっと大きな組織に働く人に会ってみたいという考えの虜になった。そこで、昨年の8月に国際エイズ会議に出席のため日本を訪れた国際生殖研究委員会のヨハニッソン教授と世界保健機構(WHO)のリプロダクティブヘルス・プログラム委員長のベナジアーノ教授のもとを訪れるべくアムステルダムからジュネーブに向かうことにした。

ジュネーブに本部を置く
     国際生殖研究委員会(ICRR)の事務総長と再会する


 ICRRは、1983年に避妊技術の導入と適合の推進活動を記念して各種企業からの基金を基にスイスに財団として設立したことに始まる。開発途上国に対しての支援を各種組織団体と協力して行うものであり、各国でシンポジウムを開催したり、さまざまな報告書を作成してその情報を世界各国に配布している。昨年の8月に横浜で開催された国際エイズ会議では「エイズ時代の家族計画」のシンポジウムに事務総長のヨハニッソン教授が招かれ、講演を行ったのである。そのうえ同名のテーマで展示会を開き、多くの参加者にもこの重要性を強調し説明していた。そこで彼女は、「エイズ蔓延を恐れてピルの認可に消極的なのは日本だけ。まさしく不思議な国、ニッポン!」と厳しく指摘していたのである。

 ICRRの事務局はジュネーブの空港から車で 5分とかからないセンタービルの中にあった。オレンジ色の扉を開けると、穏やかな眼差しでふくよかな手を差し伸べてきた。オランダでの話をかい摘んで説明しながら、およそ半年ぶりの再会をしばし楽しんだ。「オランダは確かに世界中で最も中絶の少ない国。'91年の資料では 5.6‰、イギリス、スェーデンは 10.4‰、ソ連が最も高く 181‰であり、避妊の選択肢の狭い国ほど中絶率が高くなっているのは事実。中絶は避妊の1つではなく、飽くまでも避妊の失敗なのに・・・・世界では、今、望まない妊娠や意図しない妊娠が問題となっている。望まれた妊娠で子どもを享受できることは、その子の将来の幸せのためにも大切なこと。1日も早く、日本でもピルが認可されるといいですネ。妊娠の是非は女性の手に委ねること。女性の人権を尊重することです。それは日本人女性にとって幸せなことなのにネ。また、1度の性交渉で性感染症に罹患する確率は男性に比べ女性の方が倍近く高い。女性はリプロダクティブ・ヘルスの観点から常に弱い立場にある」としみじみと語ってくれた。

 最後に、ICRRが 1993年に Int. J. Gynecol. Obstet. 40 ; 101-103 に掲載した「性行動と避妊そしてHIVに感染するリスク」と題した論文を示し、「ピルとエイズの問題は全く次元の異なるものだと主張しているものです」と説明し、これは日本の関連組織や各種団体に配布したものです。何かの参考にして下さいと渡してくれた。

世界保健機構(WHO)を訪ねる

 やや灰色がかった空に毅然とそびえるWHOのビルディング。前庭も広い。充分なスペースを取って青々とした緑がさえ渡る。受付で訪問の意図を告げ、リプロダクティブヘルス・プログラム委員長のベナジアーノ教授に面会を求める。一見閑散とした入り口であったが、案内された廊下を指示どうりに歩いて行くと、みんな忙しげに足早にすれ違って行く。なかなか活気のあるところだ。廊下の途中でベナジアーノ教授に出会う。今、部屋に戻るところだと云いながら、誰か他の者と声高に話しながら歩いていく。追いついていくのが精いっぱいだ。部屋に入ると秘書が温かく迎えてくれる。その間、直通電話がけたたましく鳴り、応対している。彼のスケデュール表を見ると、年間のおよそ2分の1以上は出張の予定が入っているようだ。「かなり忙しい人だ」と思っていると、秘書に私の眼鏡は何処だと声高に云う、かなり神経質でもあるようだ。これはちょっと大変かなと思っていると、穏やかに私たちの質問を聞いてくれた。

 「WHOは1つだけのものをこれは良いとして、プロモーションしたりはしない。考え方の異なる国の、さまざまなカップルに合った方法を調査・検討し、それぞれの避妊法の利点・欠点を示し理解してもらい各自が考え選択していくことにある」と冒頭に述べ、「コンドームは確かに避妊効果はピルに比べ低い、ピルはその点優れた避妊法と云える。しかも女性自らの手で自由に選択し、避妊を行使することができる。だからと云ってコンドームはダメだとは云えない。HIV感染者も含めSTDの多いサハラ地区でコンドームは必要だ。これ以上感染を拡大させないために、しかもSTD感染者は不妊原因の一つにもなる。また、HIV感染者の母子感染を考えると、当然信頼性の高いピルも必要となってくる」と語ってくれた。

 「WHOとして日本政府にピルを早く認可しなさいと云う指示は出せないし、そのような役割も持ち得ていない。あらゆる総ての情報を集めて、それを公開する。各国の政府はその中から最も良い方法を検討し、国民の実情に合ったものを提供するのがベストと考えている」と述べ、でも避妊の選択肢が狭いのは望まない妊娠に繋がるのはどこの国の状況を見ても当然のことともらしていた。彼もICRRのボードメンバーの一員であった。

 「われわれも1日も早いピル認可を日本人女性のために祈っているし、われわれにできる支援は惜しまないつもりだ」と約束の堅い握手をしてくれた。そして、"Good luck"の言葉を背に受けて彼の事務所を後にした。

終章
 今、日本時間で朝の6時を指している。あと3時間弱で成田空港に着く。機内の快いエンジン音を聞きながら、フッと眠りから目覚めた。心地よい思いだ。オランダで会った1人1人の顔、明るい笑顔が浮かんでは「あなたたち、頑張ってヨ、日本人女性の幸福のために!そこには豊かな実りある家庭、あの無邪気で明るい子どもの多くの顔が待っているのだから」という声がしだいに大きく共鳴してくる。ピルが使えることは当然なことだ。オランダだけではなく世界中どこでもそうなのだ。「性のモラルが乱れる?」「エイズが蔓延する?」これは日本人の大人たちが作る不思議な神話なのだ。私の知る日本人の若いカップルが低用量ピルを切に待ち望んでいる。彼ら1人1人に、その夢が実現することを今回のオランダ訪問を通じ強く確信した。まもなく成田に着くだろう。おそらく春の朝の陽光が私たちを暖かく迎えてくれるに違いない。


 今、当時を振り返って思い起こしてみるが、ピルが承認されて3年を経過したが低用量ピルを服用する女性は少ない。未だ、ピルは副作用がある、ホルモンバランスが乱れる、価格が高い、飲み方がわからないなどといった質問が多くの女性から私のもとに相談にくる。反面、性感染症に関する悩みも多い。

 ピルは、女性にとって「望まない妊娠を避けるもの」、そして、月経不順などのホルモン補充療法的な意味合いで女性の性と健康を保つのに有用なもの。そして、コンドームは性感染症の予防には不可欠なもの。しかも男性が避妊を意識する避妊法である。「望まない妊娠を避けるもの」という意識でしっかりと男性が考えるなら、性感染症は回避できるであろう。クラミジア感染による卵管障害で不妊症が増えている。

 性の営みには、「快楽の性」が渦巻いているが、お互いの心の絆を高める「連帯の性」もある。そして、その頂点に「生殖の性」がある。これらのことを、このホームページで多くの人たちが理解して欲しい。その思いでこのホームぺじは、存在し続ける。


HOME UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.