H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 海外避妊事情

目次: はじめに 3ケ国間の避妊法の比較
妊娠したときの帰結

フランスの避妊事情

アメリカの避妊事情 年代別アメリカ女性の避妊法
関係別セックス時のコンドーム使用の割合
関係別コンドーム使用目的・非使用理由
まとめ

イギリスやドイツでの避妊事情
イギリス女性の避妊法
イギリス女性の考えるピル
ドイツ女性の避妊法
ドイツ女性の考えるピル

アメリカの避妊事情

 アメリカの避妊法と男女関係が安定している場合とカジュアルな関係という違いによってコンドームの使用がどのようになっているのか、そしてそのコンドームに対する認識などについて、簡単に触れてみましょう。
年代別避妊法の実態
若い女性の避妊法は
ピルとコンドーム

30歳を越えると
ピルに代わって避妊手術


 アメリカ女性の避妊法についてみましょう。これもフランス同様、避妊実行中の女性の中での主な避妊法のひとつを選択した結果です。やはり若い世代ではピルの使用が高く、10歳代で49%、20歳前半で57%、20歳後半で43%となっております。これら若い世代で次に高い避妊法がコンドームで、36%、24%、25%となっております。30歳以降では、避妊の主体が、避妊手術へと変わり、35歳では59%、40歳代では69%となっています。

男女関係の違いによる
コンドームの使用
カジュアルな関係でセックスを営む
女性は12%、男性は32%

その際のコンドームの使用は
女性55%、男性65%

 これは少しユニークな調査ですが、男女の関係別にコンドームの使用率についてみております。エイズ時代ということでこのような調査が行われているのかもしれません。この男女関係とは、婚姻の関係より、ongoing relationshipとcasual relationshipとに分けたもので、前者を安定した関係、後者をカジュアルな関係と訳してみました。女性ではカジュアルな関係を持ったものが全体で12.1%で、その際のコンドーム使用率が54.5%となっています。男性はカジュアルな関係が31.5%と倍以上高く、コンドーム使用は65.3%となっております。ともに安定した関係ではコンドームの使用率は17.7%、19.9%と低く、STD予防へのコンドームの認識は高いようです。
コンドーム使用目的
非使用の理由
コンドームの使用目的は
避妊と性感染症(STD)予防が

67%

コンドームを使わなかった理由
安定した関係において
「独りのパートナー」
「疾患がない」「他の避妊法」

カジュアルな関係で
「お互い疾患がない」
「コンドームの使用が困難」
「独りのパートナー」


 コンドームを使った理由、使わなかった理由について問い掛けております。これは男女合わせた数値ですが、安定した関係では妊娠予防のみが47.6%と約半数近くであり、カジュアルな関係では10.7%と低い値を示しております。やはりカジュアルな関係では、90%近くがSTDの予防を意識してコンドームを使用していることが理解できます。

 使用しなかった理由としては、安定した関係において、「特定されたパートナー」であり、「お互い疾患を持っていない」、「他の避妊法を行っている」が多いのですが、カジュアルな関係では、「お互い疾患がない」と「コンドーム使用が困難」と答えるものが37%と多く見られております。このようにカジュアルな関係において、「コンドームの使用が困難」と答えるのが多いのは、STDをかなり意識しているものの、実際のセックスの場におけるコンドーム使用の難しさがあげられます。


まとめ
女性自ら確実な避妊法

コンドームは
男性が考える避妊法であり
性感染症の予防


 フランス・アメリカの避妊事情について垣間見てみました。これによるとフランス女性は、避妊を自らの手で確実に行えることで、人生を大きく変えることができたといっております。また、アメリカ女性は、望まない妊娠を避けるために確実な避妊法、そしてそれはSTDも避妊もという考えからのコンドームがあり、女性主体ではピル、避妊手術という考えのようです。

 ともに、ピルは女性自ら行える確実な避妊法として捉え、コンドームは男性が考える避妊法と捉え、性感染症の予防にはコンドームという認識が強いということが指摘されます。


イギリスやドイツでの
避妊事情


 避妊に関してフランスやアメリカとの違いについて考察を加えてみました。あきらかに我々日本で捉えている考え方と大きく異なっていることが理解できたと思います。
 

イギリス女性の避妊法
ピルは若い世代

中高年になると避妊手術
 
 20歳未満の女性はピルで避妊をしているのが65%で、うち12%はコンドームの併用、コンドームのみは27%とあります。20歳前半ではピルは70%で、コンドーム併用が12%とさらに高く、コンドームのみは21%となっています。
 
 20歳後半になりますとピルは52%とやや減少し、IUDが11%、避妊手術が男女合わせて12%となっています。さらに年齢が進むにつれ、ピルの使用が減少し、避妊手術が増えて40歳を越えると47%と半数近くになっています。しかも男性の避妊手術が女性の19%に比べ28%と9ポイントも高いのです。男性が多いというのは、世界をみてもイギリスだけのようです。
イギリス女性はピルを・・
ピル服用は
「体重の増加」が心配

ピルは
「周期が規則的になり、
経血量も少なく、軽い消退出血」が
よいと考えている


 ピルのリスク要因として考えているのに、「体重の増加」を73%の女性が考えています。次に「心循環器系疾患」、「頭痛」が45%、「鬱症状」が44%と続いています。

 逆に、ピルの利点としてあげているのに「「規則的周期になる」、「経血量が少なくなる」、「月経痛の緩解」が80%を越えています。これら3つの項目は女性にとって大きなメリットといえましょう。
ドイツ女性の避妊法
ピルは若い世代

30歳代になるとIUDの選択も

40歳に入ると避妊手術が


 20歳未満ではピルの服用が77%と高く、20歳前半では71%がピルでうち6%はコンドームの併用となっています。30歳を越えるとピルは減少しIUDの使用が増えており、40歳代になりますと避妊手術が女性23%、男性4%となっております。コンドームの使用は全年代をとおして10-15%ほどとなっています。

ドイツ女性はピルを・・
ピル服用は
「体重の増加」が心配

ピルは
「周期が規則的になり、
経血量も少なく、軽い消退出血」が
よいと考えている


  ピルのリスク因子として考えるものは、イギリス女性同様「体重増加」が最も高く60%で、「心循環器系疾患」、「乳房痛」、「鬱症状」「頭痛」と続いています。
 
 ピルの利点としては、「規則的周期になる」、「経血量が少なくなる」、「月経痛の緩解」の3項目が、イギリス女性よりやや低くなっているものの特長的利点として捉えているようです。


 海外でのピルを服用する女性は、20歳代の若い女性が多く、それは可逆性の避妊法であり、しかも自ら確実に避妊できるという考えのようです。しかもピル服用の利点として「規則的周期になる」、「経血量が少なくなる」、「月経痛の緩解」の3項目をあげており,女性にとって身近な副効用として捉えています。また、コンドームについては、避妊効果もさることながら、性感染症の予防に繋がるという認識は高く持っているようです。

 でも、ピルは「体重が増える」という懸念は多くの女性が抱いていることが示され、その他の副作用についても心配していることが明らかです。これらの事実をもとに多くの研究者たちは「より安全で確実な避妊法は」と常に追い求め研究しているのが現状のようです。

海外の避妊事情トップへ フランスの避妊事情  アメリカの避妊事情 
イギリスの避妊法 ドイツの避妊法
HOME BACK UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.